競馬歴は長いのにめったに当たらない一ファンが、予想を楽しむブログ。どれだけあたらないのかを楽しんでください。コメント、TB大歓迎。(ただしスパムは厳禁!)リンクも大歓迎です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はCDの紹介です。
Commonというシカゴ出身のHip Hopアーティスト。
実は全く知らなかったんですが、
すでに10年以上のキャリアを持ち、
シカゴのHip Hopシーンではすでに大物的な存在だそうです。
そのCommonの通算6枚目のアルバム。
プロディーサーはKanye West。
前作は実験的だったという話ですが、
それに対して今回は比較的オーソドックスなR&BスタイルのHip Hop。
’70sソウル風の味付けやループの使い方などかなりKanye色の強い一枚です。
ウッドベースっぽいイントロからスタートする1曲目とかThe Corner、Go!といった曲ではビートのキックの仕方のかっこいいですし、ソウルバラード風のFaithfulなどもソウルフルでいい感じです。個人的に気に入ってるのはビートに切迫した感じのスリリングさがあって、最後の1行ですべてをひっくり返して事実を暴露してしまうようなリリックもすばらしいTestify。それと2部構成になっていて、とくにPart 2のピアノだけをバックに父親の渋いトーキングスタイルのボーカルがかっこいいIt's Your World。ちょっとKanyeの色が強すぎる感じがしますけど、Kanye Wast自体が好きなこともあって私は気に入ってます。
スポンサーサイト
来ましたねえ~~。ついにM.シューマッハが
PPを奪取しましたねえ~~。。
しかも2番手のモントーヤにつけた差が
何とコンマ897秒。
まあ多分燃料少なくて軽いんだろうと思いますが、
とはいえちょっとやそっとでは抜けないハンガロリンク。。
これは面白くなりそうです。。
でこれ以上に興味をひいたのが、
2番手モントーヤ
4番手ライコネン
6番手アロンソ
8番手バトン
(ちなみに10番手に琢磨)
とレースを引っ張っていきそうな面々が偶数番手
つまりオフラインからのスタートってことですね。
抜きにくいということと同様に
埃っぽいのでレコードラインからのスタートが
圧倒的有利というのが代名詞ともいえる
ハンガロリンクのコースなので、
明日のレースがどうなるのか非常に興味があります。。

特にスタート。。。
フリー走行や予選の速さからして
車が壊れない限りライコネンが勝って
マクラーレン1・2なんだろうな~
と思っておりましたが、
いやはや。。(苦笑)
予選でモントーヤがスピンアウトしたのに続いて、
決勝ではライコネンにマシントラブル。。

フリー走行の段階ではマクラーレン1・2濃厚だったレースが
終わってみたらモントーヤが何とか最後尾から這い上がって2位。
(これはこれですごいんですが。。)
しかも勝ったのがよりによってポイントリーダーのアロンソ。。。

終わってみれば逆にアロンソが10ポイント差をつける結果に。。
痛いとはいってられない結果ですねえ~。
マクラーレンにとっては。。(苦笑)


それにしても琢磨は~~。。
あんなレースやってたらダメなのに~~(T_T)
午前中のフリー走行1回目
トップのライコネンとモントーヤの差が100分の7秒
トップのライコネンと3番手のアロンソの差がコンマ8秒。

続けて行われたフリー走行2回目
トップのライコネンとモントーヤの差がコンマ3秒
トップのライコネンと3番手のアロンソとの差がコンマ6秒。

この結果なら普通に考えたら
マクラーレン勢がフロントローを占め
スタートから2台で突っ走る。
もしくは
重めに積んでセカンドローでも
1回目のピットストップが終わった段階で
1・2体制ができ後は2台で逃げるだけ。。

となるだろうと思ったわけですが、
肝心な予選でモントーヤがやってしまいました。。
最終コーナーで見事なスピン。。。
これで最後尾となってしまいました。。。

いやあ~決勝次第となりますが、アロンソにとっては
大きいスピンになるかもしれませんね。。
エミネム自ら引退説を否定

<ニュースソース>
http://www.barks.jp/news/?id=1000009955&m=hiphop

「デトロイトの新聞Detroit Free Pressがエミネムのマネージャーの発言として掲載したエミネムの引退報道であるが、7月17日にワシントン州のホワイト・リバー・アンフィシアターにて行なわれたライヴのステージ上にて引退報道を否定。エミネムは「ここにいる何人がタブロイド紙の報道を読んだ? 俺が引退するって書かれているらしいぜ。俺が引退するって?」と観客に向かって語り、もし自分が引退したら、すぐにレインマンという名前でステージに戻ってくるとも発言したという。」

ということだそうです。。
ああ~、やれやれと。。
でもまだちょっと疑念がない事もないけど。。
この事件をあまり深く追求してもな~とは思うわけですが
ちょっと気になる点があるので

「人気グループNEWSの未成年メンバー(18)の飲酒問題で、処分されたフジテレビ菊間千乃アナウンサー(33)が当日、ヒップホップグループ、ケツメイシのメンバーと食事をしていたことが20日、分かった。菊間アナは14日夜、ケツメイシの4人と仙台市内の牛タン店で食事。その後、ボーカルRYOJI(30)とクラブに行き、そこで未成年メンバーを呼び出したという。菊間アナはケツメイシの大ファンで、フジとは関係ない私的な行動だった。
 菊間アナはケツメイシのメンバーとのプライベートな酒席に、NEWSの未成年メンバーを呼び出していた。関係者によると、14日夜、菊間アナは女子バレーボール・ワールドGP中継終了後、ケツメイシの4人と仙台市内の牛タン店で食事をした。15日午前0時ごろ、菊間アナとRYOJIの2人が同市内のクラブに行き、菊間アナがホテルにいた未成年メンバーを呼び出したという。
 未成年メンバーはバレーボール中継終了後、午後9時すぎから同市内の飲食店でフジテレビのスタッフが開催した食事会に参加。終了後、もう1人のNEWSメンバー(20)とともにホテルに帰った。菊間アナは食事会には参加せず、この日はスタッフとは別行動だった。フジテレビは16日にマスコミに送ったファクスで、メンバーがこの食事会で飲酒したことを認め、さらに「菊間千乃を含めた数名と出かけた仙台市内の別の飲食店においてもアルコールが提供されたもようです」と説明していた。」

<ニュースソース>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050721-00000016-nks-ent

なんかこれ見て引っかかるんだけどなあ~。
何でわざわざ少年を呼んだんだろうか?
同業者の集まりなのに。誰か見たかったって人がいたんでしょうか?
参加者の詳しい内容が入ってないのでなんともいえないが
男性でわざわざジャニーズの子を呼び出して・・って思うのかな?
(あくまでも自分の視点でものを言ってます)
それともやはり菊間アナが見たかっただけ?
さらに報道されてる内容が微妙に変わってるし、
そうなると菊間アナの親父さんが言ってる
「娘は少年に呼び出されたんだ」っていうのも引っかかるしね。

どうもどこか隠してる部分があるような気がしてならない。。

そんなに深く突っ込む話でもないと思うし
色いろな視点があるんだろうけど、
マスコミの問題という視点もあるわけで
マスコミに不信を持っている一人なので
わざわざちょっと疑問に感じた部分に触れてみました。。

しかしこれだけの不祥事起こしておいて
フジもジャニーズも記者会見のひとつもないというのは
いかがなものだろうか?
本人を出せとはいわないけど少なくとも
会社のしかるべき人間が出て謝罪を入れる。
それくらいのことはすべきだと思いますけどね。



「ロンドンで21日、市内の三つの地下鉄駅で列車から煙が上がり、乗客らが避難した。英スカイテレビが目撃者の話として伝えたところでは、乗客のリュックサックが爆発したが、規模は小さかったという。」

<上のソース>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050721-00000122-mai-int

このニュースからだと背負ってるリュックが爆発、
それと3箇所同時という観点から前回と同様
いやほぼ同じグループによるテロと推察できるのだが。。。
複数箇所同時に爆破なんてことが
こんな短期間のうちにしかも同じ場所で
(前回の攻撃からまだ2週間がたったばかり)
立て続けにやれるもんなんだろうか?
たしかに再度テロが起きる可能性があるという話は聞いていたけど。
同一グループとしたら
世界一監視が厳しいとも言われるロンドンなのに
その中ですでにテロ組織、それもかなりの規模のものが
出来上がってるともいえるわけだが。。

ただどうも引っかかるものがあるので
正確に判断するためにももう少し情報が欲しい。。
http://www.barks.jp/news/?id=1000009851&m=hiphop

ほんまなんでしょうか?
マネージャーがそのように語ったという話と
別ソースにてD12のプルーフも同じようなことを語った
という話が載っておりましたが。。

確かにEncoreのラストの話じゃないけど
あのアルバムを聴いたときの印象が
どうもすべてを封印しにかかってるような印象を
受けてたのでやはりか。。という印象もなくはないですが。。

ただもしかしたらJay-zのように
自己の名義でのアルバムは出さない
ということだけかもしれないが、
(でもこの意味合いはかなり大きいんだろうけど)
どうなんだろうか?


本当なら独特の表現スタイルを持ってる人だけに
非常に寂しい限りなのだが、
でもどこか信じられん部分もちょっと・・・。
NEWSの子(ある程度名前が出てますが一応伏せます)酒を飲んで少々暴れててたら警察に見つかって補導されたって内容の話ですが。
まあ詳細が載ってる新聞より、

「14日夜放送の仙台市で開催された女子バレーボールワールドグランプリの中継番組に、少年はゲスト出演したあと、複数のフジテレビ社員が市内で「食事会」を開き少年も参加し酒を飲んだ。さらに15日未明には、同局の菊間千乃アナウンサー(33)らが別の飲食店で、少年と酒を飲んだ。NEWSの他のメンバーは同席しておらず、少年は宿泊先に1人で帰る際に補導されたという。」

まあその、NEWSの子(ある程度名前が出てますが一応伏せます)
飲んで警察のご厄介になるのはまずかったですね。
言い逃れ聞きませんしね(笑)
18やそこらの子供今日び酒くらい誰の目も気にせず飲んでるやろ。
とも言えなくもないが、まあ立場が立場。
まあ多少処分はしょうがないとしても
無期謹慎はちょっとびっくりした。
この辺はさすがジャニーズ。厳しく行く時は厳しく行くな。
これはありうるとは思ったけど、
でもこの状況だともう少し情状酌量してやってもっておもうけど
特にはそれをやらなかった。それはすごいと思う。

で、これ「さらに」がありまして、
2回目に呼んだのって菊間アナ自身だったようでしてね。
深夜1時に呼んだとか言われてるけど、
そもそもそれもどうかと思うけど、
それはまあいい。でその場で酒飲ましたってのは、
話にならんぞ。。プライヴェートの場であった言われているが、
それでも未成年が酒飲もうとしたら止める立場であって、
一緒に飲んでるってのは言語道断に近いぞ。
これは1回目のところでも一緒。
少なくとも未成年であることは分ってるんだから、
少年には絶対に飲ませないようにとめないといけない。。

で、この事件を聞いた後マスコミ(この場合はワイドショウ)が
どう扱うかってのが興味あったんですが、
やはりというかあまり扱ってないみたいな。。
フジテレビはこれちゃんと扱ったんでしょうか?

一応参考資料としてこちらを
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050717-00000042-nks-ent
純粋に音楽に当たるネタかどうか測りかねますが
こんなもの見つけました。

なにやら今年のコム・デ・ギャルソンの
春・夏用のモチーフの
あのRolling Stoesのロゴが使われたらしく、
その様子がこちらに載ってる訳ですが
http://www.vogue.co.uk/shows/photos/Default.aspx?ShowID=2594

すげえなあ~~。一枚目のもんなんかなんと表現していいか分らん(笑)
インナーで着る分にはまだワンポイントとかで
何とかなりそうな気がするし、私も着ることも多いけど、
ジャケットにあのベロマークがゾロゾロ~~あるのを見ると
派手すぎてとても私には着れません。
大阪のおばちゃんがもしかしたら喜びそうな派手さだったりして(笑)


まあ最後に普段ブランドなんかに全く興味のない人の感想ですので、
ましてやそうはファッションセンスがあるわけでもないし。
そういう人の感想なのでその辺はご理解を
ついにやっちゃったみたいです。。
裸でサーキットを走っちゃったみたいです。

イギリスGP前から話題になってて
あちこちのブログとかで話題になってたので
今さらいきさつを説明する必要もないのでしょうけど、
まあ知らない人のために簡単に説明すると、

去年の前半戦不振だったマクラーレンに対し、
ボブ・マッケンジーというジャーナリストが
「もし今年のうちに(2004年中)に1勝でもしたら
ハダカでシルバーストンを走ってやる」と宣言
見事去年のベルギーGPでマクラーレンが勝ったために
約束どおり今回実行に移されるようになった。

という話。

事前に服を着せるか裸で走らせるかWebで投票やってたみたいですが、
やっぱりというか、ハダカで走らせることとなったみたい。
腰のところにはスポーランというスコットランド独特の
民族衣装的な財布をぶら下げ、
さらに全身をマクラーレンのマシンカラー似せるように
ペインティングするというご丁寧な趣向だって。

こちらに詳細と写真が載っておりますが、

http://f1.racing-live.com/jp/index.html?http://f1.racing-live.com/jp/headlines/news/detail/050713112346.shtml

思わずクスクス(笑)
いつも緊張感漂うところしか見てないので、
こういうしゃれっ気のを見ると思わず笑ってしまう。
ハメを外す時は思いっきり外すということは知ってはいても。

後はその時の様子などを見たいものですが。(爆)
見た目の派手なバトルこそなかったものの、
つねに5秒差以内の差で競り合うなかなか面白い
トップ争いでした。

いやあ~、でも見事でしたねえ~。
モントーヤのスタートは。
そしてマゴッツでアロンソを交わして行く瞬間も。
そのあとは常に僅差で競り合い、
ピットストップもなかなか見ごたえがありました。
特にアロンソの1回目のあと、
先に入っていたモントーヤと並ぶな形になり
一瞬はやくインを取ったモントーヤが
先にマゴッツへ入っていくあたりはなかなか面白かったです。
また5秒弱で済ませて出て行った2回目も面白かったです。

しかし、ライコネンにとっては
モントーヤが勝って、アロンソが2着
さらにフィジケラがピットでストールしたおかげで
ライコネン自身3位には入ったが
たった2点ではあるものの
結局またアロンソとの差を広げられる結果となってしまいました。
(まあ逆に2点しか広げられずに済んだとも言える)

う~ん、これでアロンソがかなり有利になったのかな?
って感じが個人的にはします。
テロの影響でどうなるのかな?と思っていましたが
レースをやることになったみたいです。

で、いきなり2回目のフリー走行中にライコネン、ストップ。。
そしてエンジン交換しました。
というわけでまたライコネン10番手降格となってしまいました。
いやあ~このレースは相当有利だろうと思われていたのにねえ~。
また大変なことになってしまいました。

そんでもって予選結果

1 F.アロンソ
2 K.ライコネン(12番手へ降格)
3 J.バトン
4 J.P.モントーヤ
5 J.トゥルーリ

ライコネンが下がってしまうので
フリー走行ではもう一つ目だってなかったバトンがフロントローへ。
で、アロンソの真後ろにマクラーレンのもう一台。
明日はまずライコネンがフランスの時のように
重い燃料で2番手タイムを出したのか?
どこまでピットインを遅らせてくるのか?
それとも果敢に抜きに来るのか?
という前戦と同じ部分。
ただ、ここもなかなか抜きにくいので果たして
抜いて前へ上がってこれるのか?

それともうひとつモントーヤですね。
果たしてチームプレイをやるのかどうか。
ただもうひとつ考えにくいことではありますが。。

あ、それに加えてマクラーレンのマシンの信頼性も。。

一方琢磨は予選8番手。
まあボロボロだったフリー走行から考えると
よくやったかなと思いますが、
果たして決勝はどうなるのか?大丈夫か?


もしかしたらアロンソ行ったきりになってしまうかもしれませんね。
2012年のオリンピックから野球とソフトボールが
正式種目から外れることになったそうです。

あらあら。。。
ソフトボールに関してはさほど知りませんけど、
野球に関しては盛んなところって
アメリカと東アジアあたりで、
IOCの中心をなすヨーロッパにとってはほとんど興味なさそうだし。
(フランスには吉田義男氏が熱心に普及活動なされてましたが)
「所詮ローカル競技には興味がない」
といったところなんでしょうか?
それと世界的に名前が知れてるメジャーリーガーが
出てこないというのもやはり大きいでしょうね。
世界的に名前に知れ渡ってる人が出てくればまた違うんでしょうけど。

まあ日本の野球界にとっては痛い話でしょうね。
ロンドンで地下鉄3箇所、バス一台を狙った
テロがあったそうです。
さっきチラッとyahooのニュースで確認したら
死者が45人に増えているらしいです。。

なんとも言いようがないです。
許せないという怒りと
戦争やってるんだから起きてもなんら不思議じゃない。
という妙な冷静さと
それと自分のところもという恐怖と。。

それらが入り混じったほんとになんともいようがない感じがします。
前回の続きです。
デスティニー・チャイルドの前まで見終えて、
その続きから。
で、あまり興味を引くアクトがいなかったせいか、
もうひとつ印象が薄くて、
印象に残ったのってRobbie Williamsくらいだったかな。。
いや、なんだかんだいっても
この人のステージングは一味違うと思いました。
盛り上げ方が上手いし、
テーマお構い無しに自分のライブをやってた印象があって、
それがよかった。。

でも最後が参りました。
イギリスのポール・マッカートニーが終わると
エンドロール。。なんだそれは。。。
それがフィナーレなの?
他の地域の最後はどうなったの?
何がなんだかさっぱりわからない。。。
しかも放送予定時間を3時間も余して・・・・。
(これがフィナーレだったらまだしょうがないけど)

というわけでこれがイベント見た感想。簡単ですが(笑)


最後にこのイベントに関する趣旨が
やはりいろいろ言われてますが、
基本的に趣旨に関しては「?」と思ってるクチなので、
あれこれ触れません。。
「しょせんイベントじゃ、楽しんでやれ♪」
ってところです。
一言で言っちゃうとアロンソの完勝だったかな。
マクラーレンが2ストップできて、
マクラーレン勢が2・3番手に上がった時点で
トップのアロンソと20秒程度の差だったから
終盤面白くなるのかな?と思いましたが、、、

結果的には序盤トゥルーリが3番手以下を
押さえつける形になったのが最後まで効いたかな。。

でも驚いたのはライコネン/マクラーレンでした。
何しろあの燃料量で3番手グリットを取ったわけだから
もし10番手降格がなかったらこのレースどうなっていたことか。。
Live8の様子をフジのCSでやってたので
録画しておきました。
まずは趣旨とは全く関係ない、
いやむしろ反する部分で便利になったな・・っと。
以前のLive Aid(’85年でしたっけ?)のときは
とてもじゃないけど録画しきれないので、
録画なんてあきらめて、ず~~っと見続けて、
途中で断念しましたから。。
それが今では13時間だろうか簡単に録画できて、
あとから見ることができる。
繰り返し見ることができる(笑)

ただ13時間は長い。。。
ひとまず3分の1程度を見ましたが、、
今現在で一番よかったと思えるのは
Green Dayだったでしょうか?
ただし興味のないものは早送りしていってます(笑)

あとアフリカのバンドは個人的に興味を引きました。。
なかなか面白い予選でした。
終盤までは琢磨フロントロー?なんて期待もしたんですが。。
琢磨がモントーヤをコンマ7秒上回るタイムを出したものだから
おっ、もしかしてポール?と思ったのもつかの間で
すぐアロンソがそのタイムを上回りました。
そのあとフィジケラ、バトンとそのタイムを上回ることができず、
ライコネンが3番手のタイムを出すものも
こちらはすでに順位の降格が決定済み。
しかし、次のトゥルーリがアロンソと琢磨の間に割って入り
2番手。でのこすはフェラーリのみ。
まずバリチェロが途中までアロンソを上回るタイムで来たものの
最後失速し琢磨の後ろ。
そして最後のM.シューマッハも前の2台には届かず
結局4番手どまり。

したがって予選結果は
PP   F.アロンソ
2番手 Y.トゥルーり
3番手 K.ライコネン(13番手へ降格)
4番手 M.シューマッハ
5番手 佐藤 琢磨

の順番
で明日のレースの興味は
ここからM.シューマッハがどれだけ前に詰め寄るか、
そして中段に位置することになった
マクラーレンの動向でしょうか?
ミシュランのタイヤの問題もあるので
アデレード・ヘアピンあたりで追越しがたくさん見られると
いいんですけどね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。