競馬歴は長いのにめったに当たらない一ファンが、予想を楽しむブログ。どれだけあたらないのかを楽しんでください。コメント、TB大歓迎。(ただしスパムは厳禁!)リンクも大歓迎です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
馬場改修以後東京の走破タイムがいやに速くなったので
いつかは破られるかもと思いましたが、
とうとう破られてしまいました。
あのホーリックスのとてつもないレコードタイムが。。。

タップが強引にハナを主張し、
その直後をストーミーカフェがピタリとつける
天皇賞とは逆の展開になりました。。
さらにスローだった天皇賞とは違って
とてつもないハイペースだったのも天皇賞とは全く逆。。

そういう展開の中上手く内をさばいて、
抜け出てきたデットーリはやはりすごいというべきか。。
さらに間を割って追いかけてきたハーツクライをハナ差おさえて。。
所用があって後からVTRで見たわけですが、
なんだろうすごいとしか言いようがないというか。。。


馬券的には×ー○ー◎の順。
ここの所3連単しか狙ってなかったのに、、
なぜか今回は馬連にしてるし。。。
しかも、本命馬3着だし。。。。(苦笑)
やっぱ馬券ベタですなあ~(T_T)
スポンサーサイト
ダートに負けず劣らずのいいレースを期待したいものですが、
さてメンバーです。
外国馬が結構タイトルホルダーが来てまして、
例えばバゴ。去年の凱旋門賞馬。
ベタートークナウ これも昨年のBCターフの勝ち馬。
さらにサンクルー大賞典を勝ったアルカセット。
そして今年のBCフィリーズレビュー2着だったウィジャーボード。
その他にもアメリカのハンデG1を勝った馬とか。。
結構多士済々なんですよね。。

ただ、アメリカ馬はラシックを使っていたという話があり。
こっちはちょっと評価を落としても良さそう。
一方バゴ。例年凱旋門賞馬は日本の馬場が合わないと見て
評価を下げてるんですが、また直前のBCも4着だったし
ただ去年スピード決着になったということはある意味歓迎で
またその後の普通のタイムになったとたん勝ちを逃していることを
考えると、こっちがぴったりはまってもしかしたらもしかしそう。。
ちょっと怖いの単穴の三番手▲

まあ本命はまたもやロブロイ。。
やはりJCは日本馬有利だし、その中で一番安定しているのは
やはりこの馬だし。。
で2番手、ちょっと怖いんだけどハーツクライ。
メンバー見てたら、タップがいてストーミーカフェがいて
さらにビッグゴールドまでいてるし、その上キングスロードまで行きそう。
となるとハイペースか。。かと思いながらよく東京のコースって
結局終わってみたらスローになって直線の上がり勝負になることが多いし。。ただ外国馬それもアメリカ馬がいるのでもしかして・・
とも思うし。。
スローにならないことを期待してハーツクライが2番手。
3番手はさっきの不安があるにもかかわらずバゴ。
4番手は天皇賞馬に敬意を表してヘヴンリーロマンス。
あとやはり天皇賞上位場がこのレース来るんですよね。また前走好走した牝馬がこのレース好走なんても過去にあったケースだし。。

まあここまでの予想
◎ ゼンノロブロイ
○ ハーツクライ
▲ バゴ
△ ヘヴンリーロマンス
× タップダンスシチー(個人的な身びいきあり)
  アルカセット、スズカマンボ

まあロブロイから普通に馬連で流して行きます。
最後の直線見ごたえありましたねえ~。。
3頭による叩きあい。
デザーモ、横山典、武豊騎手たちによる追い比べ。
そしてそれを制したのは武豊でした。。
久しぶりにいいレースを見たなあ~と思いましたね。

スタートして、まずはユートピアがハナを切り
直後を外からアジュディミツオーがつける展開。
その直後にシーキングザダイヤ。
タイムパラドックスは意外と前目の位置へ。。
スターキングマン、カネヒキリは中団に位置して、
その後ろにサンライズバッカス。というのが3コーナーまでの隊列。

そして3コーナー過ぎたあたりからカネヒキリが動き出すと共に、
レースが動き始め。。
カネヒキリはほぼ4コーナーでは先団に取り付いていました。
そしてここから直線抜け出すものの、
うちからデザーモのスターキングマンが並びかけ
さらに中には横山のりちゃんのシーキングザダイヤもついてくる。
一方これがいっぱいだったかタイムパラドックスは
これについてくことができない。。。
そうして、冒頭に述べた
スターキングマン、シーキングザダイヤ、カネヒキリの3頭による
追い比べが直線半ばから延々と。。
そして最後はそのまま3頭が競ったままゴールイン。
画面で見る限りでは、、カネヒキリちょっとでたかのように見えるが・・・。。

結果
1着 カネヒキリ    2:08.0
2着 シーキングダイヤ ハナ
3着 スターキングマン クビ

いやあ~1着から3着がハナ、クビですよ。
しかも現行東京のレコードタイムのおまけつき。


いやでもいいレースだったなあ~~。
あともう一度多いの東京大賞典でまたこの組み合わせ見れるのかな。。

このままJC予想にいくつよりでしたが、続きます。
さあ、今週はG1が2つあるわけで
まず土曜のメイン、ジャパンカップ・ダートの方。
まだ前売りオッズはでてませんが
どうも予想ならカネヒキリータイムパラドックスの一騎打ちみたいです。
まあしょうがないのかなあ~。。
一応私も本命に対抗にしてますし。
まあタイムパラドックスは去年のこのレース勝ってるし、
今年も交流G13つ勝って、しかも大崩れがないって感じだから、
今回は去年勝ったコース・距離、勝ち負けには絡んでくるだろうなと思いますけどね。
まして騎手が追い込みに強いペリエでしょ。。
一方のカネヒキリ。まあこっちがちょっとあまり不安ないかな・
そこを見せていないという魅力もありますし、
JBC組とあたっていないということもありますけどね。
そしてそのJBC組からサカラート。やはり鞍上が魅力。
さらに2300mで成績を残しているのでもしかしたら・・というきも。
後は個人的に応援してるアジュディミツオー。
強いと思いますが、まだ去年のJBCや東京大賞典のころには戻ってなさそう。

◎ タイムパラドックス
○ カネヒキリ
▲ アジュディミツオー
△ サカラート
× スターキングマン

しるしはこんなところで。
買い目としたら、やはりタイムパラドックスーカネヒキリ2頭軸に
印どころへでしょうかね。。
こちらはジャパンカップの枠順です。

馬番馬名性齢斤量騎手
マイソールサウンド牡657本田
タップダンスシチー牡857佐藤哲
ウォーサン牡757スペンサー
アドマイヤジャパン牡355横山典
リンカーン牡557武豊
ウィジャーボード牝455ファロン
ベタートークナウせん657ドミンゲス
ゼンノロブロイ牡557デザーモ
ストーミーカフェ牡355四位
10ヘヴンリーロマンス牝555松永幹
11コスモバルク牡457デムーロ
12バゴ牡457ジレ
13サンライズペガサス牡757後藤
14アルカセット牡557デットーリ
15キングスドラマせん557プラード
16ハーツクライ牡457ルメール
17スズカマンボ牡457安藤勝
18ビッグゴールド牡757和田
今週はG12連戦。
まずはJCダートから

馬番馬名性齢斤量騎手
シロキタゴッドラン牡657デムーロ
ラヴァマンせん457ナカタニ
サンライズバッカス牡355佐藤哲
ユートピア牡557安藤勝
タイムパラドックス牡757ペリエ
スターキングマン牡657デザーモ
シーキングザダイヤ牡457横山典
タップデイ牡457コア
ハイアーゲーム牡457田中勝
10カネヒキリ牡355武豊
11サカラート牡557デットーリ
12パーソナルラッシュ牡457藤田
13ジンクライシス牡457柴田
14アジュディミツオー牡457内田博
15エキセントリックせん457ホランド
16ヒシアトラス牡557蛯名
う~ん。デュランダルが馬券圏外に消えるということはないと思ったんだがな。。
負けることはもしかしたらとは思ってましたが。。。

京都の馬場、内が荒れていて指し馬が有利という話があったんだが、
昨日、そして今日の10レースを見た限りでは、
一概にそんなことは言えず、
これは内を上手くさばいてこれる馬が有利かもという気が
ちょっとよぎっていたんだが。。

スタートして、ローエングリンがハナを取り、
そこをつつく馬も特になく、
またビッグプラネットも特に引っかかりもせず5番手あたりを追走する展開。
そして2番手には結果2着に来たダイワメジャー。
さらにダンスインザムードも前目の位置。
ラインクラフトは中団。
そしてハットトリック、デュランダル、テレグノシスはいつものように最後方。

そのまま3コーナーから4コーナーへへ差し掛かり、
ハットトリック、デュランダルが徐々に進出。
ただ、デュランダルにいつものような感じが
なかったように思ったのは気のせいだろうか。。。
4コーナーでいつものように内外いっぱいに広がって、
まず抜け出たのがダイワメジャー。
さらにその後ろをダンスインザムード。
そして外から矢のように飛んできたのが
デュランダルではなく、ハットトリックとラインクラフト。
そのまま好位から抜け出たダイワメジャーが
そのまま1着でゴールと思ったところへ、
ハットトリックが追いつきちょうどそこがゴール。。

写真判定の結果、ほんのわずかハットトリックが差しきり、優勝。
さらにゴール前ダンスインザムードを交わした
ラインクラフトが3位。

前半3ハロンが34秒2、後半3ハロンが35秒0だから
どちらかというと前半が速い流れとなったのがデュランダルに効いたのか、
それとも具合の問題か。
もうひとつよくわからない。。。
思ったほど指し馬有利でもなかったともいえるが、
ただ勝った馬、同じような脚質だしな。。
それにしても、やはり競馬は難しい。。

それとこういう指し馬をおわせたときのペリエと、
反対に気難しいけど能力のある馬を扱ったときのルメールは
さすがだなと思いました。
今日の結果この2人の力も多分にあると思います。
いやあ~前日オッズ見てビックリ。
1番人気がデュランダルで1倍台(1.6倍だったっけ)というのはまだわかる。
2番人気がラインクラフトと言うのもまだわかる。
3番人気になんとハットトリック。。。

一瞬うそ・・・・とおもいました。

それはさておき、今年のレース。
デュランダルの3連覇がかかっておりますが、
う~ん、正直これを破る馬が・・・・ねえ・・・。
しいて言えば後ろから行く馬なので、負かす可能性があるとすれば、
これより前にいそうな馬。。
ダンスインザムード、ラインクラフト、ダイワメジャーあたりか。。
今回はビッグプラネットかローエングリンが行くと予想されるので、
さほど遅いペースにもならないと思うので、
もしかしたら意外と流れに乗れるかもしれないし。。

しかし、結論を言っちゃうとやはりデュランダルが本命です。
もしかしたら取りこぼす可能性がなくはないですが、
それでも馬券圏内には繰る可能性が一番高いと思いますし。。

で、難しいのが2番手以下。。
ひとまず狙っていたのはダンスインザムード、
ダイワメジャー、ハットトリック、テレグノシス、サイドワインダー
、ラインクラフトあたり。。。
この中でまず買うのはテレグノシス。
人気がないんですよね。。驚くくらいに。。
勝つとは思いませんが、2着3着は十分にあると思いますので
この人気なら買っておきます。
それとダンスインザムードとダイワメジャー。
人気に指し馬が結構いてるので先行できるこの馬たちは魅力。
特に気性の荒い馬にルメールというのはなんとなく怖い。。
これで3頭。。ここまでは決定。。

あと他に怖いと思う馬。
まずはラインクラフトかな。。ただ古馬との力量差がどうか。
さらに今回は一線級の古馬の牡馬。。
あと3キロの斤量差というのも微妙に引っかかります。
もしかしたらこれが最後に応えるかも・・・とか。。
もう少し人気がなければ狙ってみても面白いとは思うんですが。。
いかんせん人気だし。。切りたいのだけど、
切るのは前にいけてなおかつしまい切れる馬なので怖い。。

あともう2頭。サイドワインダーとハットトリックですね。
サイドワインダーは人気を考慮して勝ってもいいような気がするけど
ハットトリックはどうですかね。。
あまりにも人気になりすぎてる気が・・。
終い32秒という脚は確かに怖いですけど。。

ということで現在の印
◎ デュランダル
○ テレグノシス
▲ ダンスインザムード
△ ダイワメジャー
× ラインクラフト、ハットトリック、サイドワインダー。

とりあえずデュランダル1頭軸マルチで
印どころへぶつけるのということでどうでしょうか。
ちょっと頭数が多いので×印をどちらか切るかもしれませんし、
また1着付けの馬を絞るかもしれませんが。。

あ・・あとラインーデュランダルの馬単というのも面白いかも。。

それでもアドマイヤマックスとかまだまだ怖い馬がいてるんだけどねえ・・。
ただこの馬、右回りだとちょっと足らないから切りました。
マイルチャンピオンシップの枠順です

馬番馬名性齢斤量騎手
ラインクラフト牝354福永
アドマイヤマックス牡657武豊
ウインラディウス牡757田中勝
ローエングリン牡657横山典
ハットトリック牡457ペリエ
ビッグプラネット牡356和田
アズマサンダース牝455藤岡
ダンスインザムード牝455北村宏
バランスオブゲーム牡657木幡
10マイネルハーティー牡356安藤勝
11タニノマティーニ牡557須貝
12ダイワメジャー牡457ルメール
13サイドワインダー牡757松永
14デュランダル牡657池添
15テレグノシス牡657勝浦
16キネティクス牡657小牧
17リキアイタイカン牡757武幸
18アルビレオ牡557岩田
終わってみたら強い馬が強さを見せたレースだったかなと思います。

スイープの馬場入りも大して問題なく終わり、
ゲートも比較的スムーズに進み、ゲートオープン。
ハナを切ったのは予想通りオースミハルカ。。
そして競りかけてくる馬がいるのかなと思ったら、
競りかけてくる馬も特になく、単騎大逃げの形になりました。

1コーナーはオースミハルカ先頭で後続は大きく離れて
2番手にショウナンパントル以下。
アドマイヤグルーヴはだいたい中団あたり
スイープトウショウとエアメサイアは後方の位置に。
向う場面で我慢できなくなったマイネサマンサが上がっていって2番手に。
で1000Mがだいたい60秒程度。
という事はオースミハルカはマイペース
逆にそれより後方に関してはスローといえます。

そして3コーナーから4コーナー。
先にアドマイヤグルーヴが上がっていって
それと一緒にスイープトウショウ。
そしてエアメサイアは後方でインを狙う構え。

で、4コーナー。逃げるオースミハルカを
抜け出たアドマイヤグルーヴとスイープトウショウが追いかける形。
瞬間「しめたあ~~~」と思いましたよ。
あとはオースミをこの2頭が捕らえておしまいと思いましたし。

ところが逃げるオースミハルカをなかなか捕らえられず、
直線半ばではこれはハルカにしてやられたか・・・と思いました。
しかし、ゴール手前でスイープがハルカを捕らえてゴールイン。
一方アドマイヤはもうひとつ伸びが悪く
結局ハルカを捕らえられず3着。。
そして何と1年ぶりのヤマニンシュクルが4着に。
一方1番人気だったエアメサイアは5着。。。

終わってみたら、京都の外回りらしい
上がりの決めて勝負だったかな。。
そしてあれだけの脚を繰り出したスイープはやはり強いと思いました。


それにしても狙い目で
8と1と3と挙げときながら、
なぜに8-1-3は狙いに挙げてなかったのだろうか(苦笑)
(実は8-3-1は狙いに挙げておいたのでした)
当初はアドマイヤグルーヴを本命にしようと思っていたんだけど。。
ここのところ負けてるといっても牡馬混合だし、
京都なら向いてる感じがするし、
牝馬相手なら安定感もこちらのほうがあると思っていたわけで。。。

そうしたら鞍上。。。上村だって。。(結構失礼な言い方か。。)

どうしようかな。。ミスしそうでもうひとつ信頼が置けないしなあ~
(これも失礼な言い方か。。)
ただその分みんなそう思ってるのかオッズは結構ついておりますが(笑)
とはいえ、やはり本命にはできないよなあ~~。。
そんなわけで単穴ですね。まあ勝っても別に不思議じゃないし。


さて現時点で1番人気がエアメサイアだそうです。
ほんとユタカが乗ると人気になりますねえ~。。
で、問題です。今年の3差に牝馬のレベルってどうなんでしょうか?
2頭が抜けているということは認めるとしても、
他を見たらそんなにレベルが高いとは思わないのが本音の部分で。。
ただ押さえはしますけど。。

じゃあ、本命はやはりスイープトウショウとなるんでしょうか。。
う~ん、正直言ってこれも不安がないことはないんですが。。
ただ、ほかこれ以外に勝ちそうな馬がいないですよね。
ヤマニンアラバスタはやはり京都への輸送が引っかかるし。。
もう一頭のヤマニン、シュクルは長期休み明け。。
オースミハルカも・・・勝つまでは。。。。と思ったりする。

そんなわけで
◎ スイープトウショウ
○ ヤマニンアラバスタ
▲ アドマイヤグルーヴ
△ エアメサイア
× オースミハルカ、サミットヴィル

買い目としては
馬連で3-8、8-12
3連単で
1着 3、8,12
2着 1、3、8、11、12、13、
3着 1、11、12、13
というフォーメーションで。。


なんかでも今年はハデに荒れそうな予感がする。。。
馬番馬名性齢斤量騎手
オースミハルカ牝556川島
ライラプス牝354松永幹
アドマイヤグルーヴ牝556上村
ショウナンパントル牝354吉田豊
オースミコスモ牝656岩田
メモリーキアヌ牝556角田
マイティーカラー牝556内田浩
スイープトウショウ牝456池添
クロユリジョウ牝354ペリエ
10ブライアンズレター牝656福永
11エアメサイア牝354武豊
12ヤマニンアラバスタ牝456江田照
13サミットヴィル牝556サンダース
14ヤマニンシュクル牝456四位
15ウイングレット牝456武幸
16マイネサマンサ牝556ルメール
17レクレドール牝456蛯名
18ベストアルバム牝556渡辺

そこそこメンバーはそろいましたね。
楽しみです。。
多分ヘタなドライバーの移籍よりはインパクトは大きいでしょう。
マクラーレンのチーフ・デザイナー、エイドリアン・ニューウェイが
2006年2月末でレッドブルへ移籍することが決まったそうです。。

しかし、確かマクラーレンと契約延長してはずなのでは?
と思って調べてみたら、やっぱりそうありましたね。。
(F1 Live .com7月20日付)
となるとまた契約トラブルに発展するのだろうか。。
なにしろ一度ありましたからね。。
しかもなんの因果かあの時の消滅した移籍先は
今回のレッドブルの前身のジャガーだった。。
だいたいデニスがこれだけのデザイナーを
そうおいそれとと手放すわけが・・・ない。。

<追記>
と思ってたらよく調べたら契約期間って
1月までだったらしい。。
となると、これはさしたる問題にはならなさそう。。


今のF1においてデザイナーはともすれば
ドライバーよりも重要な位置を占めるとも言えるから、
これは来年以降どういうことになるのだろうか。。
まあ時間がなったので見れなかったのですが。
まあ勝ったのはアルーリングボイス。まあ順当かな。。
で2着が4番人気のラッシュライフ。
で3着になんと10番人気のニシノタカラヅカ
惜しいじゃないですかあ~ちょうどかいめにはいっていたのに。。
ああ~せめてワイドにしておけばなあ~~
結構ついてたしね。。

一方アルゼンチン共和国杯。
まあこっちはいらねえやって切ったサクラセンチュリーでしたか。
やはりこの距離だと追いこみ効いたんでしょうかね。。
あとがマーブルチーフにコイントス。。
えっ、マーブルチーフ14番人気だったの??


まあ次週はエリザベス女王杯です。。
女王アドマイヤグルーヴが牝馬同士なら関係のないところを
見せ付けるのか、それともヘヴンリーロマンスとか
牡馬に勝った馬が打ちのめすのか?楽しみです。
R大の校友会にはじめて行って来ました。
場所は以前とあるかたに連れて行っていただいた。
ホテルグランヴィア京都。
しかし、さすがR大、3階5階貸切です。。

会自体は午後の5時からだったんですが、
その前にあのサンプロでおなじみの
財部誠一氏の講演があったので先に行って聞いてきました。
話の内容自体は経済学部の新規学科設立記念ってこともあって、
経済しかも国際経済の話で
主に中国経済の現状を語ったものと、
今の環境において大企業特にトヨタ、ホンダ、がどうやってきたか、
(皆さんご存知でしょうけど現地生産・現地販売を行った。)
あといったあたり。。
それはそれで面白かったのですが、
同時にもうひとつ自分にどう生かせるかなあ~と
ピンとこない部分もありました。。
ただ、さすがによくテレビに出てるだけあって
話し慣れしててひきつけるの上手いなあ~とは思いました。。
まあ残っているのは
まずは先入観を捨てて実際に目で見てみることというくだりと
既成観念にとらわれず、広い視野で見てみること・・・かな。
このあたりは先日のブログのセミナーと
相通ずるものがあったような感じがあります。。

一方の校友会。。行った甲斐はあったかな。。
まあすぐに仕事につながるという感じではないですけど、
何とかつながりを継続したらもしかしてそのうち・・・という気に。。
欲を言えばテーブルがある程度固定されているのと、
それぞれのOB会とかが多く、
しかも場所も押さえているので、
あまり動けなかったおかげで
名詞バラまきができなかったことがちと辛かったかな。
あと全く初めてのところに一人で行くのも結構きつかった。。
まあ、それでもOB会には行く価値はあるかなと思いました。
高いですけどね。(一人8000円)

さて問題は先日のセミナーの分もそうなんですけど
いかに維持させていくか・・・ですかね。。
G1じゃないからもうひとつやる気が起きないのと、
だいたい2歳の牝馬の重賞なんてわかる訳ないじゃないですか。。

まあその分らない2歳牝馬の重賞から。。
まあここ最近の傾向として2歳戦はどちらかというと
完成度の高い馬がいい成績を上げてる気がするので、
となるとオープン2勝しているアルーリングボイスは入れておいたほうがいいのかな。。
で、今回サンデーが2頭いるので
そのサンデー産駒のニシノタカラヅカとブラックチーター。
まあどの道分らないのでこれくらいでいいか。。
まあ一応かいめとしては2.5.9の馬連ボックスということで。
(我ながら、すげえ~いい加減(笑))

さて一方のアルゼンチン共和国杯。
何とな~く4強みたいな感じになってます。。
まあどうなんでしょうかね。
だいたい東京の中・長距離のレースって先週じゃないですけど
スローの上がり勝負になりやすいですからね。。
となると決め手のありそうな馬・・・ダイタクバートラム?
あとサクラセンチュリーにファストタテヤマ?
でもこの2頭は位置取りが後ろになるからなあ~~。。
というわけで穴狙いでダイタクってのは。。。
ちょうど人気のないときの江田照男だし(笑)
で、あとは先の2頭とマーブルチーフ。。
こちらも被害を最小限にするために(笑)
14から1,8,17へ馬連流し。。
あと・・・コイントスもちょっと気になるかな。。

今回は全く自信がありません。。
で、恐らく結果回顧も遅れる(もしくはやらない)と思います。。
最近日記はほとんどmixiで書いてまして、
こちらではただひたすら競馬予想とそのレース結果、
F1レポート、その他スポーツ。
それと音楽ネタですね。
まだ買い物いってないので新作アップできないでいるが。。(苦笑)

まあ今日は珍しく、昨日のお話を。
これも、あまりこちらで触れてませんでした
社労士の登録をつい先月しまして、これからさあ活動ってことで、
最近あちらこちらの講演やらイベントに行きまくってます。
で、昨日が「姫野ルミ&石井孝治の燃える情熱社労士セミナー」
こちらを参加させていただきました。
「ブログの活用法」というテーマにちょっと引かれていったんですよね。
まあ面白かった。まあさらに別にHPやってますけど
(一応このブログも本体の日記コーナーという位置づけです。
だいぶ崩れましたが(笑))
多分そっちのほうでよく言われた話とやはり多くの共通項があるな。
と思いました。

そしてそのあと懇親会に行ったんですが、
まあこっちのほうで面白い話が聞けましたな。。
特にこの分野での著名人にいらしてたので、
あのあたりの話はたいへん興味深く聞けました。

で、これを聞いたことでじゃあブログを作るか・・?ですが
このブログ現在スポーツ系の話が主体なだけに
いきなりここを社労士の業務用ブログにすることは恐らく不可能だし、
(まじめな話の中にいきなり競馬の予想がはいってくるのも)
多分別に作ることになるだろうな。
となると・・・・・3つ維持できんだろうか


あっ、明日は財部誠一の講演を聴きにく予定です。
まさかと思うのですがそうなるのでしょうか?
現在こんな曲がヨーロッパで売れているらしいです。

「Schnappi (邦題僕はシュナッピー)」

歌っているのが4歳の女の子。
でちょっと聴けるので聴いてみたら
これは確かに子供の歌に聴こえる・・・。。
また曲調が妙に単調だからよけいかも・・・。。

こういうのって日本じゃすぐブームになるからな。。
どうかな?

ちなみにレコード会社のオフィシャルサイトはこちら
http://www.universal-music.co.jp/schnappi/
見難いですが、一つ目のフレームに右のほうに小さく「sounds」と
ありますので、それをクリックすると曲が流れます。。
おぼろげながら見えてきたということでしょうか。
とりあえず日本GP直前に突如ホンダが発表した
「2006年シーズン11番目のチーム」とやらの実体が明らかになりました。。

チーム名 「SUPER AGURI Formula 1」

そう噂のあった鈴木亜久里氏がチーム代表。。
さらにこちらも噂のあったファクトリーが
旧アロウズの物を使うということらしい。。
そして当然ながらエンジンはホンダ。
タイヤはBS。
ただしドライバーラインアップは未定。。


まあとりあえずはこう決まりました。
ただ、これからマシン作りだよね・・・。
間に合うのでしょうか?来年の開幕前に。。
こんな形で立ち上げて数年で消えていったチーム、山ほどあるからなあ。。
まだ正直開幕に間に合うのかは疑問だったりします。。

それとアロウズのファクトリーって
トム・ウォーキンショウの持ち物じゃなかった?
本当に借りれるのでしょうか?
またいいように利用されなきゃいいけどな。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。