競馬歴は長いのにめったに当たらない一ファンが、予想を楽しむブログ。どれだけあたらないのかを楽しんでください。コメント、TB大歓迎。(ただしスパムは厳禁!)リンクも大歓迎です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
面白いレースでした。
スローで、最後よーいドンというレースを予想してたんですが、
いい方向に外れてくれました。
しかしゴール前のメイショウサムソンとエリモエクスパイア
の争いはしびれました。
一端並ばれかけて、そこからなお差し返すあの勝負根性。
いやあ~、すごい馬だったんですね。
メイショウサムソンって。。


でも、そうなるとドリームパスポートがいなかったのが
かえすがえす残念です。。


次は宝塚でしょうか?
ムーンvsサムソンという対決が見られるかな?
スポンサーサイト
波乱ムードがプンプンするんですが・・・。
いやあ~難しいですね。。
サムソンが一番人気のようですが、
個人的に大阪杯の勝ち馬は本命にはしないので
▲までとします。。

で、予想。

◎ ダークメッセージ
○ ネヴァブション
▲ メイショウサムソン
△ アイポッパー
× トウショウナイト


この5頭。本命を上がり3ハロンの脚だけで決めてます(笑)
混戦だし、せっかくなので一か八かの勝負♪
買い目は5頭のボックスにしておかないとなァ・・。。

チェルシー 1-0 リバプール


おととしの準決勝の再戦で、プレミア同士の対戦。
今年度はどちらもホームが勝っておりますが、
まずは今回もそのような結果になりました。

となると2ndレグ、まだ何が起こるかわからないな・・。。
マンチェスターU 3-2 ACミラン


面白い試合でした。
ユナイテッドが先制。
ミランが同点、そして逆転して前半終了。
そして後半、ユナイテッドが再び同点。
さらにロスタイム、ルーニーがまたもや決めて逆転で終了。

ミランのカカ、ユナイテッドのロナウド、ルーニー、ギグス
といったあたりが本当に持ち味を出してくれて非常に見てて
楽しかったです。

ただ、ミランにしてはマルディーニとガットゥーゾが
ケガで退場したのが痛かったか。。
前半はミランペースだったのに、後半はユナイテッドペースになってましたから。この2人が2ndレグに戻ってこれるか?というのは
結構大きく影響しそうな感じがします。


しかし、2ndレグはわからないですね。。
アウェーゴールが2点あるのと、サンシーロでの両チームの相性を
考えるとミラン有利だとは思いますが、今のユナイテッドの勢いを見るとね・・・。。
バーレーンGP。終わってみればマッサの快勝って感じでしょうか?

前戦のことがあるのでスタートが注目だったんですが、
そのスタートも無事クリアし、
あとは終始トップを譲ることなくそのままチェッカー。
前に立つと強いということはなんとなくわかった感じがします(笑)

その他は、ハミルトンがステディーなドライブで
2位を守り、3戦連続で表彰台。
ほんと、いつ勝つのかなあ~という段階にきていますね。
ライコネンは1回目のピットストップで
アロンソを交わしたものの、ハミルトンには追いつくことが出来ず3位。
アロンソはスタートではライコネンを交わしたものの、
1回目のピットストップで再度抜かれてしまい、
さらにコース上でハイドフェルドにもオーバーテイクされてしまって5位。そのアロンソをパスしたハイドフェルドが4位に入りました。

これで前半3戦が終了したわけですが、
すでにフェラーリ、マクラーレン、一歩抜け出し、
そのあとをBMWが追うという図式が出来た感がします

そして、開幕戦ライコネン、2戦目アロンソ、3戦目マッサが勝ち
さらにハミルトンは3位、2位、2位と
今年はトップ2の両ドライバーのガチンコの勝負が見れるのでしょうか?
その辺の期待感を強くもったし、またこれにBMWが絡んでくるともっと面白くなるでしょう。


あとはホンダ、トヨタ、ルノーがヨーロッパラウンドから
巻き返してくることが出来るのか?


b_03.gif

なんだろう、田中のカッチーが勝った言うだけで
外したんだけど、妙にすがすがしい気分がする(笑)
当初はヴィクトリーを本命にと思ったんだけど、
鞍上がカッチーというだけで止めたのに(爆)

スタートしてハナをサンチェッペリンが切った形に
なったんですが、1コーナーでヴィクトリー
サンチェッペリンを交わしてヴィクトリー→サンチェッペリンという順で向場面へ。
先頭の2頭が後続を少し引き離し、
本命にしたアサクサキングスは4番手、
アドマイヤオーラとフサイチホウオーは後方から。
1000Mは59秒4。平均ペースではあるが、
先頭2頭と後続とは間があったから、
後続グループはスローかも。。

そして3コーナーから動き出し、
そのままヴィクトリー→サンチェッペリンで直線へ。
直線にはいってもこの2頭がマッチレースの感じで
並んだままゴールまで叩きあい。
そこへ飛んでくるようにやってきたフサイチホウオー。
そして3頭が並んだところがゴールでした。

そして、写真判定の結果、勝ったのはヴィクトリー
G1連敗記録が話題になるくらいG1を勝てなかった。
田中勝春騎手。ようやくG1を勝ちました。。

勝負弱い印象があるんだけど、久しぶりの勝利は
ハナ・ハナの接戦でした。。


馬券自体は見事に外したわけだけど、
こういう人が勝つのを見るとそういうことも忘れます。。


b_03.gif

バーレーングランプリの予選結果です。

Q1 トップ5

1 マッサ
2 ハミルトン
3 アロンソ
4 ライコネン
5 ハイドフェルド

ワースト6

17 佐藤
18 リウッティ
19 スピード
20 スーケル
21 クルサード
22 アルバース

Q2  トップ5

1 マッサ
2 ハミルトン
3 ライコネン
4 ハイドフェルド
5 アロンソ

ワースト6

11 ブルツ
12 コバライネン
13 デビッドソン
14 ラルフ・シューマッハ
15 バリチェロ
16 バトン

Q3

1  マッサ
2  ハミルトン
3  ライコネン
4  アロンソ
5  ハイドフェルド
6  クビサ
7  フィジイケラ
8  ウェーバー
9  トゥルーリ
10 ロズベルグ


とにかくQ1から2秒の中にほとんどの車がひしめき合うという混戦の中、それでも結果的にはフェラーリvsマクラーレンの様相。
今回、マッサは気合が入っているのか、予選全セッショントップタイムをたたき出して2戦連続でPP。しかし、こちらも予選全セッションで2番手をたたき出したハミルトンが横に並びました。

予選まではマッサの調子のよさが目立ってましたが、
はてさて決勝ではどうか?

注目のアグリ勢。
琢磨は今回あまりよくなかったのかQ1落ち。
またQ1までは調子のよかったデビッドソンもQ2では
Q1ほどタイムが伸びず、13番手でした。。
トヨタはラルフが14番手のもののトゥルーリが9番手に、
一方ホンダは15・16番手と相変わらず苦しい戦いが続きます。。


明日の見どころ。
まずはマッサがどういうレースを見せるか・・。。
前戦ではみっともないところを見せてしまっただけに・・。
皐月賞の予想です。

2頭の馬に人気がかぶっている感じがしますが、
結構混戦のような気がするんだけどな・・。
まあ、結果を見た限りだと、意外とラジオNIKKEI賞のレベルが高い感じがします。
このレースの上位馬、ほとんどすべてこのあとオープンを勝ってますし。

となるとホウオーを◎にするのが筋なんでしょうが、
なんか引っかかるものがあるので、
あえて、対抗に(笑)

ということで印はこんな感じ。

◎ アサクサキングス
○ フサイチホウオー
▲ アドマイヤオーラ
△ ナムラマース
× フライングアップル、ヴィクトリー

どれにもチャンスがありそうな気がするので、
無難にボックスでしょうか?
となると、なにか1頭削る必要があるな・・(^_^;)
バイエルン 0-2 ミラン
(2試合合計2-4でミランがベスト4進出)

う~ん、1stレグの最後が最後だったんで、
バイエルン有利かなと思ったんですが。。
意外でもあり、やはり・・・という結果でしょうか。

しかし、こういうときのインザーギはやはりすごいです。

リバプール 1-0 PSV
(2試合合計4-0でリバプールベスト4進出)


まあ、この試合は1stレグで終わった感じがしてたんですが・・。
それでも最初はPSVも果敢に攻めてはいましたが、
それでもなかなかシュートまでは・・・。。

で、後半PSVに退場者・・・。
まあ、これで完全に終わってしまいました・・。


ということでベスト4は

マンチェスターU - ACミラン
リバプール    - チェルシー

プレミア勢が3チームも・・・。
いや、それより、どこかでみたことのあるものに
よく似た組み合わせなんだけど・・。
マンチェスターU 7-1 ローマ
(2試合合計8-3でマンチェスターU準決勝進出)


まあ~ユナイテッドのすごかったこと。。
とんでもないゴールラッシュでした。
まずは11分キャリックのゴールでゴールショウの幕開け
続いてスミス、さらにルーニーと10分もたたないうちに
3点も取ってしまいました。さらに前半終了前にはロナウドも取って
前半だけで4-0。
これでほぼ決まった感じだったんですが、
後半に入ってもまだまだ続きます。
開始早々、ロナウドがさらに追加点。
さらにキャリックがこの日2点目、締めはエブラも得点して、
とうとう7得点。すさまじい破壊力でした。。

ローマも何とか1点を返したものの、さすがにこれでは・・。

いや、ユナイテッドの底力というものを見た思いです。


もう一試合。

バレンシア 1-2 チャルシー
(2試合合計 2-3 チェルシーベスト4進出)

前半が終わった時点ではこれはバレンシア勝ったな。
と思ったんですが、さすがにチェルシー。
終了間際にひっくり返して、苦労しながらもベスト4進出。

試合の経過は
前半30分にモリエンテスの強烈なシュートがポストを叩いた、
すぐそのあとクロスに再びモリエンテスがスライディングしながら
ゴールを決めバレンシアが先制。
このゴールがあったというわけではないんですが、
前半はバレンシアのペースで流れていきました。

でその流れを変えたのが、後半のシェフチェンコの同点ゴール。
これで息を吹き返したチェルシーに対し、バレンシアは脚が止まった
感じになり、完全にチェルシーのペース。
そして、このまま延長かなと思った終了間際、
サイドを上がってきたエッシェンが決勝のゴール。

ずっとそんなに調子がよくないなと思うチェルシーなんですが、
とうとうベスト4までやってきました。
しかし、センターバックをやったり、今日は右サイドのディフェンスをやったり、エッシェンはほんと器用だなと思うし、またそれを臨機応変に活用するモウリーニョもやはりすごいなと思った試合でした。
今回のマレーシアGP、一言で言うとアロンソの1日。
今日はアロンソのレースだったかな。
でも一番目だったのはルイス・ハミルトン。

ある意味1周目がすべてを分けてしまったようなところがあって、
スタートでポールスタートのマッサとアロンソが並んで1コーナーへ
そしてアロンソがトップをとった上に、さらにハミルトンまでマッサを交わしてこの時点で1・2体制。
そして、ここからしばらくハミルトンとマッサの激しいバトルがあり、
4周目4コーナーでは一旦インをついて交わしたマッサだが
膨らんだところをハミルトンに抜き返されるシーンなどあり、
続く5周目再び同じコーナーでマッサがハミルトンをパスしようとしたものの、マッサが止まりきれず結局コースアウト、何とか戻ったものの順位を落としてしまい結局最終的には5位に甘んじてしまう結果になってしまいました。

走行しているのをよそにアロンソは快調に走って、何の危なげもなしに今シーズン1勝目。一方最後ライコネンに追い上げられたもののハミルトンも2位をキープし、マクラーレンは1・2フィニッシュ。

3位をライコネンがキープして、
4位にはマッサをおさえ続けたハイドフェルド。で、5位に何かとにぎわせてくれたマッサ。

スーパーアグリ勢はホンダやトヨタとバトルを繰り広げ
12位と16位という健闘。
一方ホンダは11位と12位。
トヨタはトゥルーリが7位に入ったもののラルフは15位という
ワークス勢には物足りない結果でした。

でも本当に今日はハミルトンでした。
マッサやライコネンを抑えたあのドライブは光っていました。


b_03.gif

直線でダイワとウォッカがぶつかった感じがしたんだけど、
それが影響したのでしょうか?
(ジョッキーはそうではないといってるようですが・・)
それと、直線半ばでウォッカがよれていたのもちょっと・・。

ハナを切ったのはアマノチェリーラン。
そして2番手にかかり気味にアストンマーチャンが行き、
3番手にダイワスカーレットがつけ、ウォッカはその後ろあたり。
そして、そのまま3コーナーから4コーナーへ進み、
直線でダイワがアストンマーチャンを捕えにかかり、
その後ろからウォッカがダイワを追って上がっていこうとしたところで、
ダイワスカーレットとウォッカが軽く接触、
さらに直線半ばでウォッカがよれた感じになり、
事実上ここで決着がついていました。

まあ、ぶつかるのは予想外でしたが、
こういう展開もあるだろうなあ~と
思っていたレースでした。
アンカツは前走でウォッカの脚を測っていたのでは?とも
言われていましたが?
そう思わせる騎乗ぶりでした。
これで馬単1000円。。
結構おいしいんじゃないですか。。
やはり狙い目でしたね。。

ついでに3着がカマタチボタン。
これ某番組で推奨されていた馬だったんですよね。。
3連単は12680円。
今回これが一番おいしかったな(笑)

次週は皐月賞。。


b_03.gif

久しぶりの競馬日記だし、
さあ~クラシックじゃあ~。燃えてくるのお~~って、言いたい所だけど、
いまいちそんな感じが・・・しない(笑)


というか・・。正直これ3頭の争いでしょう。
どうみても。。
さて、どれを頭にするかですが、
オッズ考えたら、ダイワスカーレットが多分一番面白いと思いますが、切れ味勝負となりやすいのを考えると、ウォッカかアストンマーチャンか。となるとやはりウォッカか。。

とりあえず印としては

◎ ウォッカ
○ ダイワスカーレット
▲ アストンマーチャン
△ エミーズスマイル
× ショウナンタレント

ですが、馬券的にいるのは▲まででしょう。。

狙い目としてはダイワーウォッカの馬単なんかは面白いかと。

一応3連単では

14-(18・15)-(1・18・17・15)
18-(14・15)-(1・18・17・15)

ですかね。。とりあえず明日は見るだけ・・

b_03.gif

久しぶりに見ごたえのある予選でした。
一方で明暗がかなりはっきりと見えてきた感のある予選でもありました。

Q1

トップ5

1 アロンソ
2 ハミルトン
3 ライコネン
4 クビサ
5 マッサ

ワースト6

17 スピード
18 デビットソン
19 バリチェロ
20 ブルツ
21 アルバース
22 スティール

ここでまたもやホンダワークス1台が脱落。
ホンダの苦悩はかなり深そうです。
一方スーパーアグリの琢磨はまたまたQ1突破。

続いてQ2

1 アロンソ
2 マッサ
3 ハミルトン
4 ライコネン
5 クビサ

ワースト6

11 コバライネン
12 フィジケラ
13 クルサード
14 佐藤
15 バトン
16 リウッティ

ルノーが2台ともここで脱落。
ルノーの不振も今シーズン始まってからの目に付くポイントです。
またホンダのもう1台バトンも脱落。
琢磨もここで脱落しましたが、バトンよりも前のグリットを獲得、
スーパーアグリの躍進が目に付きます。。

そしてQ3

1 マッサ
2 アロンソ
3 ライコネン
4 ハミルトン
5 ハイドフェルド
6 ロズベルグ
7 クビサ
8 トゥルーリ
9 ラルフ
10 ウェーバー


終盤まではアロンソがトップに立つものの
ラストアタックでめまぐるしく順位が入れ替わる
なかなか面白い展開になりました。
まずはライコネンがタイムを更新、
さらに続いてきていたアロンソをそのタイムをさらに更新、
そして一番最後にマッサがトップタイムをたたき出し、
ポールポジション獲得。

見た目だとフェラーリvsマクラーレンのガチンコ勝負の感がありますが、2戦目ははたしてどうなるか?ガチンコの勝負が見られるか?
それともフェラーリがまた圧倒するか?
明日の決勝が楽しみです。
今日の試合は面白かったですね。

チェルシー 1-1 バレンシア

チェルシーが押し気味に試合を進めていたんですが
先制したのはバレンシア。
あのシルバのミドルシュートはすごかったですねえ~。
もっとも、後半にドログバの同点ゴールで
追いついたあたりはさすがチェルシーといったあたりでしょうか?
これで2ndレグが面白くなった感じがします。

バレンシアにけが人が多いので、
まだチェルシー有利な感じがするのですが、
チェルシーはチェルシーでドログバ頼みな感がするから
それがどうでるか?ただ、それでも何とかしてしまうのが
今のドログバなんだけど・・・。。


ローマ 2-1 マンチェスターU


ローマのサッカーは面白かった。
ボールを奪ってからの速攻が速く、
またかさとなって、ゴールに襲い掛かってくる
迫力は見ていて面白かった
前半でスコールズがイエロー2枚で退場したこともあって、
ほとんどローマが一方的に攻め続けてました。
それでもワンチャンスで1点を取ったあたりは
さすがユナイテッドといったところか・・。

こちらも2ndレグが楽しみです。
ユナイテッド有利な感じがしますけど、
ローマがなんかやってくれそうな予感も・・・。。


さて、2ndレグは来週。。
ようやくベスト8が始まりました。

ミラン 2-2 バイエルン


まるで、レアルとバイエルンのリプレイを見てるような試合。
終了直前、アディショナリータイムでの同点ゴール
(しかも、アウェーゴール)
バイエルンが1点を返して追いつくまでは、
相性そのままでてるのかなあ~って感じの試合でしたが、
いやはや。。現状ではアウェーゴールが2点あり、
なおかつ次戦ホームでやるバイエルンが有利ですが
はてさて、どうなるのでしょう?


PSV 0-3 リバプール


組み合わせが決まったときは結構期待したカードだったんですが、
いかんせんPSVにけが人が多すぎた。。
DFのアレックスがいないということが大きく影響したのでしょうか?
これはさすがに決まりでしょう。。
次はアンフィールドだし。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。