競馬歴は長いのにめったに当たらない一ファンが、予想を楽しむブログ。どれだけあたらないのかを楽しんでください。コメント、TB大歓迎。(ただしスパムは厳禁!)リンクも大歓迎です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウォッカが凱旋門賞へ行くことになりました。

記事はこちら

http://www.nikkansports.com/race/p-rc-tp0-20070531-206522.html


頑張って欲しいですね。
牝馬といえどもダービー馬だし、
凱旋門賞は圧倒的に3歳馬のほうが有利ですからね。
ステップレースも使うみたいだし、
あとは相手との力関係だけです。


まあ、それよりも無事に行って欲しいというのが先かな。


ランキングに参加してます。ご協力お願いします。

FC2ブログランキング。



おすすめDVD

サイレンススズカ スピードの向こう側へ… サイレンススズカ スピードの向こう側へ…
競馬 (2004/03/17)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
64年ぶりの牝馬ダービー馬が誕生しました。
いやあ~、実に強かった。。
そういえば、皇室の方がご来場、
そして大レース、で、牝馬の優勝。。
う~ん、どこかで見た光景だな・・・。

b_03.gif




[日本ダービー 回顧]の続きを読む
さあ~いよいよダービーです。

過去10年ほどのデーターを見てみると
トライアル組は勝ち馬以外はいらない。というデーターが出てきます。
あとG1といえども2桁着順からの巻き返しというのも
ないので、これを考慮して考えてみます。


では、そのダービーの予想。
何の面白みもないのですが、

◎ フサイチホウオー

やはり、皐月賞でのあの脚見たら・・・。
また、東京得意だったジャングルポケットの仔だし、
おじいちゃんは東京といえば・・という形容詞がつくくらいだったトニービンだし。
やはり人気といえども外せないし、
大崩れはないと思いますが・・。

あとは

○ ヴィクトリー

果たしてどんな競馬をするか?
別に2冠でもなんら不思議ではない馬だとは思いますし、
血統面でも、距離延長は魅力。
ただ、前走考えるともしかしたらホウオーには差されるかも。。

▲ ウォッカ

今回一番の注目。
正直牡馬のレベルがそれほど高くない上に、
牝馬のレベルが高いのは事実なんだろうけど、
ただ、ここは牡馬でも一線級が揃うので・・・、
もしかしたら勝つ可能性もある反面、どこにもいない可能性も。

△ ヒラボクロイヤル

青葉賞のタイムが少々平凡なのが気がかりだけど、
血統的にも面白そうということで。。

× サンチェッペリン
  アドマイヤオーラ
  ゴールデンダリア

これらも、結構侮れない気がするんですが・・。

とりあえず、馬券的には
馬連で15(ホウオー)から3、9、12、17
あとは3連単で、
1着(3、15、17)
2着(3、9、12、14、15、17)
3着(3、4、9、12、14、15、17)

結構点数多いですね(^_^;)

ランキング参加しています。ポチッとお願いします

b_03.gif




POGの達人完全攻略ガイド2007~2008 POGの達人完全攻略ガイド2007~2008
(2007/05)
光文社

この商品の詳細を見る
さあ~いよいよ昨日日本ダービーの枠順が発表されました。

第74回東京優駿(日本ダービー)(G1)

1  タスカータソルテ 武豊
2  ゴールドアグリ  勝浦正樹
3  ウォッカ     四位洋文
4  ゴールデンダリア 柴田義臣
5  トーセンマーチ  内田博幸
6  マイネルフォーグ 川田将雅
7  フィニステール  藤田伸二
8  ドリームジャーニー 蛯名正義
9  ヒラボクロイヤル 武幸四郎
10 プラテアード   北村宏司
11 ナムラマース   藤岡佑介
12 サンチェッペリン 松岡正海
13 ローレルゲレイロ 池添謙一
14 アドマイヤオーラ 岩田康誠
15 フサイチホウオー 安藤勝己
16 アサクサキングス 福永祐一
17 ヴィクトリー   田中勝春
18 フライングアップル 横山典弘


日本ダービー発走は15時40分


b_03.gif

第68回オークス(G1)の回顧です。
ゴール前見ごたえがあったなあ~(;= =)トオイメ...
ベッラレイアの完全な勝ちのところを
最後の最後でローブデコルテが追い込んできて、
差しきりました。

展開としては、外からザレマがハナを伺うが、
結果としてハナを奪ったのはスマートストーム。
続いてハロースピード、
カタマチボタンとベッラレイアは前目の位置、
ベッラレイアを見るようにしてローブデコルテ。、ミンティエアー、ラブカーナ。

1000Mが59秒1というハイペース。

そしてそのまま4コーナー回って直線、
直線半ば付近でベッラレイアが先頭に立ち、
それを外からミンティエアー、ローブデコルテ、ラブカーナが一団となって追いかけます。
しかし、なかなかベッラレイアを捉えることが出来ず、
このままベッラレイアが先頭でゴールかなと思ったところで、
追いかけていた一団からローブデコルテが抜け出し、
さらにゴール寸前でベッラレイアも交わしてゴール。
いや、ほんと最後は面白かったです。


というわけでオークスの予想結果。
2着3着4着まであたってたのに・・。。
1着がヌケ・・・。

でも、血統考えたらあれはちょっと買えないです。。


b_03.gif

第68回オークス(G1)予想です。

まあ、それにしてもダイワスカーレットが感冒で回避とはね・・。
うちの予想のキモは今回この馬の扱いだったのに(苦笑)

時間がないので予想だけ。

◎ ベッラレイア
○ カタマチボタン
▲ ミンティエアー
△ ラブカーナ
× ザレマ

もちろん◎からの流しで、
馬連で7-11、5、12、18
第68回 オークスの枠順です。

1 スマートストーム 長谷川浩大
2 ローブデコルテ  福永祐一
3 マイネルーチェ  大野拓弥
4 ハロースピード  松岡正海
5 ミンティーエア  蛯名正義
6 ミルクトレール  松田大作
7 ベッラレイア   秋山真一郎
8 ピンクカメオ   四位洋文
9 レインダンス   鮫島良太
10 トウカイオスカー 後藤浩輝
11 カタマチボタン  藤田伸二
12 ラブカーナ   菊沢隆徳
13 ウィンナワルツ 村田一誠
14 ラストベガ   横山義行
15 アマノチェリーラン 池添謙一
16 アドマイヤスペース 柴田義臣
17 ザリーン    幸英明
18 ザレマ     武豊


以上がオークスの枠順なんだけど、
あの馬がいません!!
なんでも風邪ということらしい・・。。
これでまたまたわからなくなった・・・。


b_03.gif



いやあ~早くも琢磨がポイントゲット!!
調子がよかったので、もしかしたらとれるかも?と思いましたが、
早くも・・・ですね。
まあ、これも裏返せばホンダやトヨタがだらしないともいえるんですが。


さて、レース。見どころはオープニングラップ。
フォーメーションラップを終えたところで、
トゥルーリのマシンに異常発生。すかさずもう一周。
そして、スタート。予想通りマッサとアロンソの激しいつばぜり合い。
アウトからアロンソが抜きにかかるが、
マッサも譲らず並んだ状態で1コーナーへ、


結果、


次の2コーナーでアロンソが押し出されてしまい、
終わってみれば、そのあとマッサは楽々独走。
一方アロンソは4位で戻れたものの、
そのあと、さして見どころを作ることも出来ず何とか3位でフィニッシュ。
このあともトラブルが相次ぎその中にはライコネンも・・・。


いろいろありましたが、最後のヤマはフィジケラと琢磨のポイント争い。変則3ストップのフィジケラが残り6周のところでピットへ、
5秒弱でコースに戻ったものの、わずかの差で琢磨が先に1コーナーへ
これで琢磨はポイントゲット。。

ということでスペインGP最終結果は

1 マッサ
2 ハミルトン
3 アロンソ
4 クビサ
5 クルサード
6 ロズベルグ
7 コバライネン
8 琢磨

ハミルトンがしぶとく2位表彰台。
そして、この時点でポイントリーダーになりました。
さていつもの通りG1回顧。
いやあ~またまた大波乱。。
いくらなんでも、これは予想できないよ・・。
確かに穴男で有名なジョッキーですけど。
まあ、見事な惨敗でした(笑)
ディアデラノビアは予想以上に前の位置につけたのが気になったんだけど、直線でいいところにつけたので期待したんだけど、思ったほど伸びなかったな・・。
スイープトウショウはやっぱり・・というところで、
カワカミプリンセスはスタートで後手を踏んだのが効いたかな?それともやはり距離的に短かくて対応できなかったのか?
2頭ともまったくいいところがなかったです。

反対にコイウタは上手く流れに乗ってたし、
また上手くインをさばいてきたよなあ~。。
まあ、このあたりが穴男として評価されてる理由かも・・。

それにしてもまたまた大波乱。
今度は2百万馬券でしたっけ?もうすごすぎて・・・。
この春はこんな調子で続くのでしょうか?
となるとオークスも・・・となりますが・・(笑)



b_03.gif

F1スペインGP予選、最後面白かったですね。
上位が拮抗しているだけに最後のアタック勝負は見ものでした。

ではスペインGP、予選の展開

Q1

トップ5

1 ハミルトン
2 マッサ
3 アロンソ
4 ハイドフェルド
5 コバライネン

ワースト6

17 R.シューマッハ
18 ブルツ
19 ウェーバー
20 スーケル
21 アルバース
22 スピード

ウェーバーはトラブルが出た模様でタイムアップならずでここで脱落。
スピードもコースオフか何かでアタックできず。
それとラルフですかね。。
とにかくタイム差が少ないのでここからかなり緊迫した争いが見られます。

Q2

1 マッサ
2 ハミルトン
3 ライコネン
4 アロンソ
5 ハイドフェルド

ワースト6

11 ロズベルヅ
12 バリチェロ
13 佐藤
14 バトン
15 デビッドソン
16 リウッティ


Q1もよかったし、その前のフリー走行もなかなかの走りを見せていたので期待したアグリ勢でしたが、もったいなかったなあ~。
琢磨はトラブルがでてストップ、アンソニーもコースオフなどミスを繰り返して15番手どまり。Q3進出を期待したんですが、残念ながらここで脱落。一方のホンダ勢も2台ともここで脱落。こっちは逆にいまいちよくないように見えて仕方がないですね。まだまだホンダの苦悩は続きそうな感じです。

さてさて、注目のPP争いは?

Q3

残り5分を切ったあたりから激しいタイム争い。
ハミルトン、ライコネンと立てづづけにタイムを塗り替えたすぐあとでアロンソが21秒台のタイムをたたき出したのが残り4分を切ったところ。そして最後はそのタイムを目指してのアタック。
まずハミルトンがアロンソにはとどかなかったものの、2番手のタイムを出したすぐあと、ライコネンがそのマクラーレン勢を分断するかのようにアロンソとハミルトンの間に割って入り、さらにフェラーリのもう一台マッサアロンソのタイムを破ってトップへ。
そして最後はアロンソが自己のタイムを上回ったものの、マッサにはわずか100分の5秒届かず2番手。
ということで、マッサが3戦連続のPP。

Q3結果

1  マッサ
2  アロンソ
3  ライコネン
4  ハミルトン
5  クビサ
6  トゥルーリ
7  ハイドフェルド
8  コバライネン
9  クルサード
10 フィジケラ


タイム差が接近しているだけに明日は面白そうだし、
戦略が結果を左右しそうです。
それともうひとつのカギはマッサのスタートでしょうか?
なかなか面白いメンバーが揃いました。
さて、どうしようかな?
カワカミプリンセスがやはり人気を背負っておりますが・・。
ぶつっけのうえに、乗り代わり、さらに久々のマイル戦。
勝ってもなんら不思議じゃないんだけど、
ちょっと嫌な感じがするので2番手かな。

ついでに2番人気のスイープトウショウも
去年の秋以降安定性がないということを考えると、
人気も加味すると面白みがないので、
これはほんと単穴ですな。

ということで、行き着いたのが、ディアデラノビア(笑)
まあ、この距離いいし、東京も得意だし、
いいんじゃないでしょうか?

そんなわけで、

◎ ディアデラノビア
○ カワカミプリンセス
▲ スイープトウショウ
△ アドマイヤキッス
× ビーナスライン


とりあえず、ディアからの流しと
カワカミーアドマイヤの馬券が狙い目でしょうか?

3連単ならディアーカワカミの2頭軸と
ディア1頭軸にスイープ、アドマイヤ、
そして3着のみでビーナスラインって感じでしょうか?
いやはや、とんでもない馬券がでたものです。
誰かあの馬券当てた人・・・・いてるのでしょうか?

さて、NHKマイルカップの回顧

ハナ争いが結構見どころで、
マイネルレーニアが主導権を握ろうとしたものの、
オースミダイドウもかかり気味に前を伺い、
さらに直後にエクスキューズもハナをとろうとする勢いで突っかかってくるわ、
最終的にマイネルレーニアがハナを取ったものの
結構よどみのない流れになりました。

4コーナーまでそのままの流れで着たものの、
4コーナー過ぎで先頭集団ははやバテ気味、
そして内から抜け出たのが、なんとビックリのダノンムロー。
一瞬、またユタカにやられたの~~?と思ったんですが、
ダノンムローはゴール手前でバテてしまい、
代わって出てきたのが、ムラマサノヨートーとシベリアンバード!
まあ、これもびっくり(汗

しかし、それらを外からローレルゲレイロがまとめて交わして、
あとはゴールまで一直線と思ったときに外から飛んできたのが
またもやビックリのピンクカメオ!!!
とんでもない脚で突っ込んできて、ゴール前ローレルゲレイロを交わして、そのままゴールイン。。

やはり地方のトップジョッキー。。
17番人気の馬を持ってきてしまいました。。(汗



で、注目の配当ですが

馬連  30,800円
馬単  85,620円
3連複  1,221,770円

そして注目の3連単

9,739,870円!!


いやまあ~~、すごい配当だこと。。


混戦ムードだったので多少は荒れるとは思いましたが、
まさかここまで荒れるとは・・・。。

何しろ17番人気ー1番人気ー18番人気で決まったんですから・・(汗
NHKマイルカップの予想です・・・・が。。。

まったくわかりません。
どれも来なさそうだし、裏を返せばどれにも勝ちそうなチャンスがある。
う~~ん、難しい。。。。。
本来なら皐月賞・桜花賞上位馬、
あと弥生賞、スプリングステークスなどトライアルの上位馬から
狙って生きたいんですが・・・、
今年はなんかもうひとつ信用していいのか否か・・。

悩んだ末の結論として、

◎ シャドウストライプ
○ ローレルゲレイロ
▲ イクスキューズ
△ アサクサキングス
× マイネシーガル


本命はシャドウストライプとしていますが、
真の狙いはイクスキューズかな?
ACミラン 3-0 マンチェスターU
(2試合合計5-3でACミランが決勝進出)

一言。ミラン強い!
終わってみたら前半11分のカカの先制ゴールがすべてだったかな。
両サイドをしっかり押さえ、
ゴール前はしっかり固めて、ほとんど危なげなかった、
というよりユナイテッドのよさが全くでなかった。。

1st legがああいう試合だったので、
面白い試合を期待していたんですが・・・。
ミラノで勝てないユナイテッドというのを思い出してしまいました。


さて、決勝は2年前の再現。
前回はとんでもない試合となりましたが、
今回は果たしてどうか?
今の時点だと結構互角かな?という感じがしておりますが・・
またチェルシー準決勝の壁を突破できませんでしたな。

リバプール 1-0 チェルシー
(2試合合計 1-1)
(PK 4-1 でリバプール決勝進出)


試合自体はプレミアらしい攻守の切り替えの早い激しいゲームでした。
ただ、ゲームを支配していたのはどちらかといえば
リバプールのほう。
リバプールが上手く試合を運んでいた感じがします。
それでも、アッガーが決めたのはさすがに驚きました。


しかし、PK戦はいつ見てもドラマティックだし、
残酷ですね。。トーナメントだから仕方がないとはいえ・・。


さあ~、もう一試合の結果やいかに。
ミランが勝てばおととしの再戦となるわけですが・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。