競馬歴は長いのにめったに当たらない一ファンが、予想を楽しむブログ。どれだけあたらないのかを楽しんでください。コメント、TB大歓迎。(ただしスパムは厳禁!)リンクも大歓迎です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ようやくレビュー完成できた。

007「ダイヤモンドは永遠に」のテーマ曲であるDiamonds Are Foreverを大胆にサンプリングしたDiamonds From Sierra Leoneがかなりキテましたので、すごく楽しみにしていたアルバムです。
で、予想通りにいいアルバムになってます。
ゲストのほうはJay-Z、Common、Nas、The Game、BrandyさらにMaroon 5のAdam Levineといったちょっと意外な人選もあります。
作風はやはり’70sソウルの影響を受けた作風が多いですね。しかし鋭いビートのキックとその上でループするビートトラックとは逆のメロウな感じのループ。。これが、いい感じにフィットしてるんですよねえ。やはり。。
まずいきなりジャズテイストの入ったソウル風のナンバーからスタート、さらにこの曲ではサビでMaroon5のAdamのフィーチャーされそのボーカルがまた意外にも結構ソウルっぽいくはまってました。
4曲目のGold Diggerのブルージーな感覚もすごく好きだし、
Roses、Bringing Me Downとコーラスワークを生かしたソウルフルな曲に続く、ギターのループとパーカッションの絡み方がなんとも言えないAddictionも好きな曲。そして華やかできらびやかな感じのWe MajorとCelebrationに挟まれる感じで流れるボーカル・ループを使ったシンプルな曲調のHey Mamaといった流れも気に入っているし、最後のストリングスを配してパーティーっぽく仕上げたGoneもいい。
一見ポップでコマーシャルに思うが、実は意外と趣味的でもある。
いい作品だと思いますし、すごいですね。

-------------------------------------------------------------
ここまで上げた3作
Be/Common
A Bigger Bang /The Roiing Stones
そしてこのアルバム

3枚こちらにまとめてアップしております。
http://katsukita.ld.infoseek.co.jp/new.html

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。