競馬歴は長いのにめったに当たらない一ファンが、予想を楽しむブログ。どれだけあたらないのかを楽しんでください。コメント、TB大歓迎。(ただしスパムは厳禁!)リンクも大歓迎です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日の中国GPで今年のシーズンも終わったので
まとめ的に感想を。。

まずやっぱりフェラーリの転落ぶりですよね。。
いくらなんでもたった1勝とは。
その1勝もあのアメリカGPですからね。
あのフェラーリandミハエル初年度の96年でさえ、
あのときでさえ3勝したんだから。。
王者の座から転落することはまあ想像できなくも無いけど、
ここまで勝てないとは正直違う意味で驚きました。

続けてダメだった組、BAR。
こっちは逆に予想できなくも無かったんですけどね。
事実オフのテストの時点から今年は苦しそうと
いう話が漏れ聞こえてましたし。。
しかし後半巻き返してきたのはさすがでしたかな。。
それとついでに佐藤琢磨。。
思うように結果がでなくて焦りもあったんだろうが、
それにしてもミスが多すぎ。。
車が劣るなら劣るで我慢するところも見せて欲しかったな。
来年どうなるのかまだ分らないが、
来年走るのなら進歩したところを見たいと思います。

続けて、ウィリアムズ。。
どうしちゃたんだよ~~。。
後半まるで影が無かったじゃないですか。。
ついにはBMWに逃げられてしまうし。。
なんだかんだあるんだけど、
やはり個人的に好きなチームだから頑張って欲しい。。

では反対によかった組。
まずはやはりこの2チーム。。
前半ルノー。後半マクラーレン。
さすがにオフから評判が高かっただけのことはあります。
特に後半のマクラーレンの速さはたまげたの一言です。。
ただいかんせんマクラーレンには最後まで信頼性の問題が
ついて回りましたな。。
速いのだけど、どこかでトラブルが出ちゃう。
それもルール上壊れることが許されないエンジンに。。
逆に高い信頼性を武器に
後半マクラーレンに圧倒されながらも、
主導権だけはしっかりと握っていたルノーは
ある意味すごいと思います。
速さでは圧倒されているんだけど、
マクラーレンが勝手にこけてくれるから、
実際のポイント差は思ったより縮まってない・・みたいな。

で次にレッドブルですね。
正直ここまでやるとは思いませんでした。
始まる前はミナルディー・ジョーダンの前あたり、
もしかしたら、この2つと争っていたりとすら思ってましたから。
それがそれがたびたび上位にも顔を出すし、
ポイントをしっかり重ねるわ、、ほんとびっくりです。。

トヨタはまあまずまずかな。
ただ序盤の勢いからするともう少しやってくれてもって感じでしょうか。
それと予選の早さに比べて決勝はもうひとつだった感じがしました。。

ザウバーは。。まあね。。
あまり目立たなかったな。。
来期はBMWワークスとなるんだけど。
今後どうなんのかなあ。。。

そして最後にジョーダンとミナルディー。
後方で結構やり合ってくれました。。
ミナルディーが食うシーンもたびたびでした。。
この2チームが消えるのもちょっと寂しい感じがします。
時代の流れとはいえ。。。


去年のミハエル・フェラーリ独走とはうって変わって、
2つのチームによる2人のドライバーのマッチレース。
最後まで楽しめました。
来年はこれにミハエルが戻ってきてさらに激しく・・・となって欲しいのですが、
逆に逆襲に燃えるミハエルがまた去年の再現をするかもという
いやな予感もします。。
まあそれ以上にエンジンが全く変わってしまうので、
案外意外なところの台頭なんてあったりするかも。
まあそれはそれでおもしろいし、そうなってくれるのが一番かな。。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。