競馬歴は長いのにめったに当たらない一ファンが、予想を楽しむブログ。どれだけあたらないのかを楽しんでください。コメント、TB大歓迎。(ただしスパムは厳禁!)リンクも大歓迎です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日もドライコンディション
ではベストタイム一覧

1. フェルナンド・アロンソ - ルノー R26 - 1:10.552(+0.000) - 144周
2. ヘイッキ・コバライネン - ルノー R26 - 1:10.953(+0.401) - 163周
3. ニコ・ロズベルグ - ウィリアムズ コスワース FW28 - 1:11.404(+0.852) - 53周
4. ペドロ・デ・ラ・ロサ - マクラーレン メルセデス MP4-20B - 1:11.607(+1.055) - 96周
5. ニック・ハイドフェルド - BMW ザウバー F1.06 - 1:11.797(+1.245) - 83周
6. ラルフ・シューマッハ - トヨタ TF106 - 1:11.851(+1.299) - 77周
7. リカルド・ゾンタ - トヨタ TF106 - 1:11.934(+1.382) - 112周
8. ロバート・クビカ - BMW ザウバー C24B - 1:12.217(+1.665) - 86周
9. ファン‐パブロ・モントーヤ - マクラーレン メルセデス MP4-21 - 1:12.802(+2.250) - 71周
10. ファオ‐パオロ・デ・オリベイラ - ウィリアムズ コスワース FW27C - 1:13.918(+3.366) - 32周
(タイムはF1-Live.comより)

ルノーのアロンソが3日連続でベストタイムを記録。
続いて3rdドライバーのコバライネンが2番手タイム。
しかし、特筆なのは、アロンソ144周、コバライネン163周
2人で300周以上という周回数。走りこんでますね。
ルノーは非常に順調といってよさそうです。
逆に不安なのが再三言っているマクラーレン。
旧車のデ・ラ・ロサは4番手のタイムを出しているものの、
新車のモントーヤは2秒以上はなされてます。
逆に今日よかったのがウィリアムズ。
1秒近く離されているものの、ロズベルグが3番手に入っています。

BMWとトヨタはルノーから1秒以上離されて、
5,6,7位。この3日間トヨタはだいたいこの位置だったような感じ。

でもやはり、マクラーレンがどうなっちゃうのかな?
というのが今一番気になります。。


ランキング参加中です。ご協力願います。
     ↓
b_03.gif

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。