競馬歴は長いのにめったに当たらない一ファンが、予想を楽しむブログ。どれだけあたらないのかを楽しんでください。コメント、TB大歓迎。(ただしスパムは厳禁!)リンクも大歓迎です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ついにマクラーレンがトップに来ました。

1. キミ・ライコネン - マクラーレン メルセデス MP4/21 - 1:09.976 (+0.000) - 80周
2. ジャンカルロ・フィジケラ - ルノー R26 - 1:10.918 (+0.942) - 83周
3. デビッド・クルサード - レッドブル フェラーリ RB2 - 1:11.068 (+1.092) - 34周
4. ヘイッキ・コバライネン - ルノー R26 - 1:11.074 (+1.098) - 161周
5. ペドロ・デ・ラ・ロサ - マクラーレン メルセデス MP4/21 - 1:11.262 (+1.286) - 113周
6. クリスチャン・アルバース - MF1レーシング EJ15B - 1:13.062 (+3.086) - 52周
7. エイドリアン・スティール - MF1レーシング EJ15B - 1:13.513 (+3.537) - 58周
8. ティアゴ・モンテイロ - MF1レーシング M16 - 1:13.812 (+3.836) - 55周

ライコネンがトップ。
しかもルノーのフィジケラに1秒近くの差をつけています。
一体どんなテストプログラムの差があったんでしょうか?
何はともあれ、すったもんだがあったマクラーレンですが、
このバレンシアでは好調のようです。
ルノーが2位と4位で
(しかし、コバライネンは160周もしています)
その間にレッドブルのクルサードが割り込んでいます。
もう一方のマクラーレン、デ・ラ・ロサも
ライコネンから1秒2のところにつけ5番手。
そして、そのあとにミッドランド勢が続いています。


ランキングに参加しています。ランクアップにご協力願います。
b_03.gif

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。