競馬歴は長いのにめったに当たらない一ファンが、予想を楽しむブログ。どれだけあたらないのかを楽しんでください。コメント、TB大歓迎。(ただしスパムは厳禁!)リンクも大歓迎です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2.4ℓV8エンジンに変更、
2レース1エンジンの2レース目、
さらに灼熱のマレーシア
ということもあったのかエンジン交換の多いこと

すでにエンジン交換でグリットダウンが決まっているのが

クルサード、
マッサ(しかも2回やったため20グリットダウン)
ミハエル
バリチェロ

フェラーリエンジン使用車4台中3台が交換の憂き目にあっております。。。

では予選第一ヒート

トップ5

モントーヤ
ライコネン
クルサード
バトン
マッサ

一方ワースト6(脱落者)

スピード
リウッティ
アルバース
モンテイロ
佐藤
井出

前回はここでいきなり波乱があったんですが
今回は平穏無事な(?)予選結果。
しいて言えば残り数分のところまで
午前中好調だったクリエンが落っこちそうだったこと・・くらいですか。

では続けて第2ヒート

トップ5

バトン
フィジケラ
アロンソ
ウェーバー
ライコネン

ワースト6(脱落者)

クルサード
バリチェロ
トゥルーリ
ヴィルヌーヴ
ハイドフェルド
マッサ

まずマッサはこのセッション1周もしてません。
明暗がはっきり分かれたのはホンダですかね。
バトンがトップタイムに対して
バリチェロはトップ10に入れずここでアウト。。
今回バトンとバリチェロはかなり明暗が分かれてました。

そしてこのセッションもうひとつのトピック。
トヨタのラルフのエンジンがブローしました。
またエンジントラブルです。

さて、いよいよ最終ヒート。

では順位です

1  フィジケラ
2  バトン
3  ロズベルグ
4  ミハエル
5  ウェーバー
6  モントーヤ
7  ライコネン
8  アロンソ
9  クリエン
10 ラルフ(出走せず)

ルノーのフィジケラがポールポジション。
そして驚きなのがウィリアムズのロズベルグ3番手!
さらにウェーバーも5番手につけていますし、
前戦の決勝のペースも悪くなかったですから、
これは結構面白そうです。

そしてさらに不気味なのが
マクラーレンが6番手7番手
ルノーのアロンソが8番手。
一体このあたりのチームは何を企んでいるのでしょうか?
これも決勝が楽しみです。

とにかくエンジントラブルが相次いでいますので
決勝の最大のポイントは「信頼性」でしょう。
ウィリアムズ以外の上位チームほとんどすべて
すでにエンジントラブルを経験しているだけに注目です。
ここのところ死語(?)となりつつある
サバイバルレースが久々に見られるか?


ランキングアップにぜひご協力願いします
b_03.gif

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。