競馬歴は長いのにめったに当たらない一ファンが、予想を楽しむブログ。どれだけあたらないのかを楽しんでください。コメント、TB大歓迎。(ただしスパムは厳禁!)リンクも大歓迎です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コース幅が狭い、抜きにくい、
すぐそばがガードレール。
ということが毎年話題になるコースですが、
今年は予選制度も相まってそれが
いっそうクローズアップされてます。
され、それが一体予選ではどう影響したのか?
結構いろいろありました(笑)

第1ヒート

トップ5

1 ライコエン
2 アロンソ
3 ウェーバー
4 ラルフ
5 モントーヤ

ワースト6

17 アルバース
18 モンテイロ
19 スピード
20 佐藤
21 モンタニー
22 マッサ

トラフィックを警戒してか、開始早々から
マクラーレンやルノーまでコースインする展開に、
そして少々遅らせてコースインしたフェラーリでしたが、
マッサがカジノコーナーでクラッシュ。
赤旗の原因を作ってしまいました。

残り8分という段階で赤旗が出たので、
このあとまたトラフィックで波乱?なんてことも期待したんですが、
さすがにここではそれはなかったですね。。

では毎度注目の2回目。

トップ5

1 ライコネン
2 アロンソ
3 フィジケラ
4 クルサード
5 ミハエル

ワースト6

11 ラルフ
12 クリエン
13 リウィティ
14 バトン
15 ヴィルヌーヴ
16 ハイドフェルド


今回の餌食はバトンでした。。
あとウィリアムズの2台がここをクリアしているのも
ちょっといつもと違う面でしょうか?

では第3ヒート

1  ミハエル
2  アロンソ
3  ウェーバー
4  ライコネン
5  フィジケラ
6  モントーヤ
7  バリチェロ
8  トゥルーリ
9  クルサード
10 ロズベルグ


いきなりモントーヤがすごいタイムを出して
あっと驚くセッション初めになったわけですが、
それでも本当のアタックは残り10分を切ってから、
ミハエルがトップタイムを出して、そのまま
残り2分・3分。。
そして、ミハエルラストアタック(?)の最中
ラスカスでスピン。そのままラスカスで車を止めてしまいました。
で、このままイエローフラッグが出て、
実質タイムアップは不可能、で、
結局このままミハエルがPPという結末に。。。

このあと記者会見があったので、その様子見てましたが、
明らかにアロンソ・・・、不愉快な表情浮かべてました。(苦笑)


で、予選後。。
まず、フィジケラとクルサードの1件が審議され、
フィジケラがクルサードのアタックを妨害したと判断され
フィジケラは10番手グリットに降格。

さらに
ミハエルの1件も審議の対象になり、

ミハエルもPP剥奪!!

故意にマシンを止めて、他のマシンのアタックを妨害したと
取られたみたいです。しかも最後尾スタート。。

というニュースが入ってきております。

これで結局

ポールがアロンソ、横にウェーバー
2列目にライコネン、モントーヤ

というようになるのでしょうか?
まあ本当のことは決勝の時にわかると思いますが、
なんともすっきりとしない予選結果ではありますね。。


b_03.gif

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。