競馬歴は長いのにめったに当たらない一ファンが、予想を楽しむブログ。どれだけあたらないのかを楽しんでください。コメント、TB大歓迎。(ただしスパムは厳禁!)リンクも大歓迎です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いや、いろいろありました。
特に3位走っている人に(苦笑)

予選のミハエルのクラッシュがわざととみなされて
ミハエルの予選タイムは抹消、
でもって、最後尾からとなり、結果的にはピットスタート。
スタートの順位はそのまま
アロンソ→ウェーバー→ライコネンの順。
すかさず2周目のエルミタージュで
ライコネンがウェーバーをパスして2位に浮上。
ここから長い時間にわたり
アロンソとライコネンのテールトゥノーズ状態が続きます。
一方のミハエルはバトンとなかなか交わせずに
予想通り悪戦苦闘。

さてそのまま、周回が進み、
1回目のピットストップが終わっても
アロンソとライコネンの順位はそのまま。
そして走行しているうちにウェーバーも追いついてきて
再び3台の争いの様相に。。
そうこうしているうちに47周目佐藤琢磨がリタイヤ。
そして、それが波乱の幕開けだった。。
翌周愛を走っていたウェーバーがリタイヤ。
しかもエルミタージュで車を止めたため、
セーフティーカー登場。
ここでアロンソとライコネンが同時にピットへ、
そしてアロンソが前でコースに戻りました。
さらにその数周後、ライコネンがストップ。。
トップ争いはここで事実上決着。。

セーフティーカーアウト後、
順位はアロンソ→モントーヤ→バリチェロの順。
しかし、まだまだいたずらは続く(笑)、
今度はバリチェロがピットレーンでのスピード違反を
取られて、ペナルティー。
バリチェロはミハエルの前で復帰。
これで変わって3位になったのはトゥルーリ。
トップのアロンソはすでにクルージングに入り、
このままレース終了かと思った残り5周、
またもやいたずらが。。
今度はトゥルーリがストップ。。。
これで3位には何とクルサード。

さすがにこのあとは何も起こらずチェッカー。。
というわけで後方の騒ぎも何のその
アロンソがモナコ初勝利。
またもやリードを広げました。

しかし、今回はライコネンといい
ウェーバーといいバリチェロといいトゥルーリといい
もったいないって人が多かったですねえ~。。


b_03.gif

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。