競馬歴は長いのにめったに当たらない一ファンが、予想を楽しむブログ。どれだけあたらないのかを楽しんでください。コメント、TB大歓迎。(ただしスパムは厳禁!)リンクも大歓迎です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第一ヒートから波乱続出の予選でした。

第一ヒート

トップ5

1 アロンソ
2 ヴィルヌーヴ
3 マッサ
4 ライコネン
5 ハイドフェルド

ワースト6

17 ウェーバー
18 アルバース
19 バトン
20 佐藤
21 モンタニー
22 トゥルーリ


トゥルーリが途中エンジンから火を噴いて、
このセッションで終わり。
さらにバトンもここで予選落ち。。
バトンがここで脱落したのは以外でした。
何かトラブルでもあったのでしょうか?
アタック1回しか出来てないみたいですし。

今回の特筆事項は
モンテイロ、スピードといった
普段ここで落ちていた人達が次へ進んだことでしょうか。。


第2ヒート

1 アロンソ
2 ライコネン
3 フィジケラ
4 ハイドフェルド
5 ミハエル

ワースト6

11 クルサード
12 ロズベルグ
13 リウッティ
14 クリエン
15 スピード
16 モンテイロ


この時間がほとんどない状態でのタイムアタックは
なかなか面白かったですが、
ただ、結局順位を更新するところまでは行かず。。

さて第3ヒート

1  アロンソ
2  ライコネン
3  ミハエル
4  マッサ
5  フィジケラ
6  バリチェロ
7  ラルフ
8  モントーヤ
9  ハイドフェルド
10 ヴィルヌーヴ


ここも残り時間がほとんどなくなってからの
激しいアタック合戦。
まずミハエルが自分のタイムを更新するものの、
すかさず、アロンソがそのタイムを大きく更新してトップタイム。
さらにフィジケラ、マッサとタイムアップしてきて
またもやルノーvsフェラーリかと思った一番最後、
ライコネンがフロントローへ飛び込んで2番手。。
ここは見ごたえありました。

これで決勝のスターティンググリットは
アロンソーライコネンーミハエルの順。
ひさしぶりに3強の争いが見られるでしょうか?


b_03.gif

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。