競馬歴は長いのにめったに当たらない一ファンが、予想を楽しむブログ。どれだけあたらないのかを楽しんでください。コメント、TB大歓迎。(ただしスパムは厳禁!)リンクも大歓迎です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前戦イギリスで調子のよかったBMWが
フリー走行で3番手4番手に入っているので、
午後の予選が非常に楽しみになったわけですが・・・。。。

第一セッション

トップ5

1 アロンソ
2 ライコネン
3 ミハエル
4 ハイドフェルド
5 フィジケラ

ワースト6

17 ウェーバー
18 スピード
19 モンテイロ
20 アルバース
21 佐藤
22 モンタニー

今回はウェーバーがここで落ちてしまいました。
しかし、リウィティは立派ですね。
このセッションは確実に突破してますからね。。

続いて 第2セッション

トップ5

1 アロンソ
2 ミハエル
3 モントーヤ
4 ロズベルグ
5 ライコネン

ワースト6

11 ヴィルヌーヴ
12 クリエン
13 ハイドフェルド
14 ラルフ
15 リウィティ
16 クルサード

注目のBMW勢がここで2台とも脱落してしまいました。
フリー走行までよかっただけにこれはちょっと以外でした。
それにしても接戦だった予選でした。

さて第3セッション

1  アロンソ
2  フィジケラ
3  ライコネン
4  トゥルーリ
5  ミハエル
6  ロズベルグ
7  モントーヤ
8  バトン
9  バリチェロ
10 マッサ

というわけで結果ルノーがフロントロー独占。
そして3番手にライコネン。。
一方ミハエルは5番手、マッサ10番手。
フェラーリにすこし翳りが見えてきた感じがしなくもないのですが。。

さて、荒れるカナダといわれる決勝。
このままルノーが突っ走ってしまうのでしょうか??

b_03.gif

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。