競馬歴は長いのにめったに当たらない一ファンが、予想を楽しむブログ。どれだけあたらないのかを楽しんでください。コメント、TB大歓迎。(ただしスパムは厳禁!)リンクも大歓迎です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
相変わらずフェラーリ強し。
ただいつもと順番は入れ替わってます(笑)

ではさっそくQ1から

トップ5

1 マッサ
2 ミハエル
3 ラルフ
4 アロンソ
5 フィジケラ

ワースト6

17 クルサード
18 スピード
19 リウッティ
20 モンテイロ
21 山本
22 佐藤

ラストアタックでアルバースがクルサードを交わして
Q1突破。というのが一番の話題でしょうか。。
あと、今回はスーパーアグリ勢も順位が入れ替わっております。

続いてQ2

トップ5

1 ミハエル
2 バトン
3 アロンソ
4 マッサ
5 ラルフ

ワースト6

11 クリエン
12 デ・ラ・ロサ
13 トゥルーリ
14 バリチェロ
15 ロズベルグ
16 アルバース

バトン2位に対してバリチェロはここで脱落。
同じようにラルフ4位に対してトゥルーリ
さらにライコネンとデ・ラ・ロサ、ウェーバーとロズベルグ
といったように同じチームで明暗がくっきり出たのが
このQ2の一番の特徴か。。


最後にQ3

1  マッサ
2  ミハエル
3  アロンソ
4  フィジケラ
5  ラルフ
6  ハイドフェルド
7  バトン
8  ライコネン
9  クビサ
10 ウェーバー

ラストアタックでめまぐるしく入れ替わったQ3。
ラスト1分のところでミハエルがトップに立ち、
さらにそのタイムをマッサがラストアタックで塗り替えて初ポール。
一方のアロンソ、フィジケラもラストアタックで
3位・4位を死守。
ラルフが5位に来たもののエンジン交換で10番手落ちなのが残念。


さて、決勝。
まともに考えれば、フェラーリ圧倒的優位で、
ミハエル圧勝というのが容易に想像つくのですが、
今回のミハエルはミスが多い。。
はてさて、これが何かを呼ぶのだろうか?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。