競馬歴は長いのにめったに当たらない一ファンが、予想を楽しむブログ。どれだけあたらないのかを楽しんでください。コメント、TB大歓迎。(ただしスパムは厳禁!)リンクも大歓迎です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
両タイトル決定レースであり、
ミハエル・シューマッハの引退レースとなりました。

ドライバーズタイトルの方は、
ミハエルが優勝、アロンソがノーポイント以外は
アロンソがタイトル獲得というアロンソが圧倒的優位な状況な上に、
予選でミハエルにトラブル発生、
10番手スタートというますますアロンソ優位の状況になってしまいました。

しかも、レースの方も9周目にフィジケラをパスした直後に
タイヤのバーストが起き、最後尾まで転落。
実質ここでタイトル争いは終わってしまいました。


が、しかし、ここからのミハエルの走りはすごかった。。
とてもこのレースを最後に引退するドライバーの走りとは思えない。
他よりも圧倒的に速いペースで次々と順位を上げていき、
特に、ハイドフェルド、バリチェロ、フィジケラ、ライコネンと
終盤立て続けにパスしていく姿はすごいの一言。。。

最終的にはタイトルには届かなかったものの、
最後尾から4番手まで挽回してきた姿はさすが最速ドライバーと
しかいいようのないものでした。。

これがあまりにもすごかったので、
アロンソや勝ったマッサはほとんど目立つこともなく
ただ、たんたんとレースが進んで行った印象すら受けます。。

マッサはスタートでトップを守ると
他を寄せ付けずに独走で2勝目。
一方のアロンソも無理せず着実に2位にあがり、
そのまま順位をキープするというらしいレースでタイトルを防衛。

こうして2006年シーズンは幕を閉じました。
結果ドライバーズタイトル・コンストラクターズタイトルともに
アロンソ/ルノーが防衛に成功。
去年と同じように序盤にリードを築いて、
あとはそれを守り抜くといった感じだったのですが、
中盤からフェラーリが他を圧倒する速さで急追、
去年とは違って、終盤かなり緊迫した展開になりました。
そのぶんこの2チーム以外のチームがいまいちパッとしなかった印象も
残念ながら残ってしまいましたが・・・。


さて、これで皇帝が引退。
さらにトップチームのドライバーのオーダーが大移動。
さらにレギュレーションの変化も加わって、
一体来年はどんなシーズンになるのか?
また来年が楽しみです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。