競馬歴は長いのにめったに当たらない一ファンが、予想を楽しむブログ。どれだけあたらないのかを楽しんでください。コメント、TB大歓迎。(ただしスパムは厳禁!)リンクも大歓迎です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
F1スペインGP予選、最後面白かったですね。
上位が拮抗しているだけに最後のアタック勝負は見ものでした。

ではスペインGP、予選の展開

Q1

トップ5

1 ハミルトン
2 マッサ
3 アロンソ
4 ハイドフェルド
5 コバライネン

ワースト6

17 R.シューマッハ
18 ブルツ
19 ウェーバー
20 スーケル
21 アルバース
22 スピード

ウェーバーはトラブルが出た模様でタイムアップならずでここで脱落。
スピードもコースオフか何かでアタックできず。
それとラルフですかね。。
とにかくタイム差が少ないのでここからかなり緊迫した争いが見られます。

Q2

1 マッサ
2 ハミルトン
3 ライコネン
4 アロンソ
5 ハイドフェルド

ワースト6

11 ロズベルヅ
12 バリチェロ
13 佐藤
14 バトン
15 デビッドソン
16 リウッティ


Q1もよかったし、その前のフリー走行もなかなかの走りを見せていたので期待したアグリ勢でしたが、もったいなかったなあ~。
琢磨はトラブルがでてストップ、アンソニーもコースオフなどミスを繰り返して15番手どまり。Q3進出を期待したんですが、残念ながらここで脱落。一方のホンダ勢も2台ともここで脱落。こっちは逆にいまいちよくないように見えて仕方がないですね。まだまだホンダの苦悩は続きそうな感じです。

さてさて、注目のPP争いは?

Q3

残り5分を切ったあたりから激しいタイム争い。
ハミルトン、ライコネンと立てづづけにタイムを塗り替えたすぐあとでアロンソが21秒台のタイムをたたき出したのが残り4分を切ったところ。そして最後はそのタイムを目指してのアタック。
まずハミルトンがアロンソにはとどかなかったものの、2番手のタイムを出したすぐあと、ライコネンがそのマクラーレン勢を分断するかのようにアロンソとハミルトンの間に割って入り、さらにフェラーリのもう一台マッサアロンソのタイムを破ってトップへ。
そして最後はアロンソが自己のタイムを上回ったものの、マッサにはわずか100分の5秒届かず2番手。
ということで、マッサが3戦連続のPP。

Q3結果

1  マッサ
2  アロンソ
3  ライコネン
4  ハミルトン
5  クビサ
6  トゥルーリ
7  ハイドフェルド
8  コバライネン
9  クルサード
10 フィジケラ


タイム差が接近しているだけに明日は面白そうだし、
戦略が結果を左右しそうです。
それともうひとつのカギはマッサのスタートでしょうか?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。