競馬歴は長いのにめったに当たらない一ファンが、予想を楽しむブログ。どれだけあたらないのかを楽しんでください。コメント、TB大歓迎。(ただしスパムは厳禁!)リンクも大歓迎です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴール前は見ごたえがありました。
スタートでアドマイヤジュピタが出遅れ気味でスタート。
もっとも、長距離戦なのでそれほど大きな影響を与えることもなく、
すぐ場群に取り付き、メイショウサムソンをマークする形になりましたが・・。

逃げたのは予想通りホクトスルタン。
アサクサキングスは4番手あたり、
メイショウサムソンは中団よりやや後ろ、
そして、先ほども言ったようにそのサムソンの直後にアドマイヤジュピタ。

で、終わってみたらこの位置取りが結果を大きく左右することになるわけですが・・・。


注目は2周目の下り坂から、ここからいっせいに逃げるホクトスルタンを
捕まえにかかり、特に勢いのよかったのはメイショウサムソン。
しかし、アドマイヤジュピタもしっかりその直後をキープ。

そして、直線。

まずはサムソンが前を捕らえようとするが、
その外からそれ以上の勢いでアドマイヤジュピタがまとめて交わして先頭に。
しかし、ここからサムソンが盛り返し、直線半ばではジュピタを交わしそうな勢い。
ところがなんの、ジュピタのほうもくらいつき、2頭のマッチレースになり、
そのまま並んでゴールイン。

結果は・・・。


アドマイヤジュピタがアタマ差サムソンを退けました。



京都11R 第137回天皇賞・春(G1) レース結果

1着 △ アドマイジュピタ
2着 ▲ メイショウサムソン
3着 ◎ アサクサキングス
4着 ○ ホクトスルタン
5着    アドマイヤフジ


単勝 580円
馬連 2000円
馬単 4430円
3連複 1880円
3連単 13500円

予想結果 はずれ。


ランキングに参加しております。
ランクアップが励みになります。
ぜひワンクリックお願いします。


にほんブログ村 競馬ブログへ

banner_03.gif

b_03.gif

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。