競馬歴は長いのにめったに当たらない一ファンが、予想を楽しむブログ。どれだけあたらないのかを楽しんでください。コメント、TB大歓迎。(ただしスパムは厳禁!)リンクも大歓迎です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
作戦が分かれたために戦略的に結構面白いレースになりました。
個人的に注目してたのは
ピットストップ作戦がどうなるのか?
それとスタート、まずはその2点でした。。
まずスタートの話なんですが、
ここはご承知の通りとにかくインサイドがダスティーで、
この有利・不利が毎回話題になるコースでして、
しかも今回そのインサイドに
モントーヤ、ライコネン、アロンソ、バトンと
好調な車がインサイドに入ったのでスタートがどうなるか?
しかもスタートで出遅れるととにかくちょっとやそっとでは
抜けないコースなので、よりスタートに興味がありました。。

で、そのスタート。
ポールのM.シューマッハは上手くスタートを切って
トップのまま1コーナーへ
そしてマクラーレンの2台も上手くスタートを切り
1週目には早くも2位、3位。。
一方アロンソは接触してしまい、一週目にしてピットへ。
その他一週目の接触事故で
クリエンは宙に舞い(無事で何より)、
バリチェロもピットへ
さらにクルサードも1周目でリタイヤと波乱のオープニングでした。

さて、序盤はM.シューマッハーライコネンーモントーヤの順。
ミハエルとライコネンが接近戦で
モントーヤが少し離れた感じ。。
ミハエルは3ストップ、マクラーレン勢は多分2ストップと
見られていたので
「これは1回目のあとでライコネンがトップに立って
そのまま逃げ切りかな。」と思ってたら、
11週目ライコネンがピットストップ。。
ライコネンこんなに軽かったんだ。。
引き続き15周目にミハエル。。
で、この時点で結局この2人は3ストップであることがわかりました。

一方モントーヤは20周目あたりまで引っ張り
こちらは予想通り2ストップ。。
さらに2回目のストップでミハエルとライコネンの
順位が入れ替わりマクラーレン実質1・2体制
このままの感じで流れるとモントーヤ絶対有利だなと思った40周目
何とモントーヤがスローダウン。。。
いやあ~またしてもマクラーレンにトラブルが出てしまいました。。(苦笑)

後半の見どころは2位争いと
ポイントのかかった8位争い。
2位争いはミハエルとラルフのシューマッハ兄弟だったんですが、
やはりラルフ・・・仕掛けもしなかったな。。
結局このままミハエルが2位へ。
一方8位争い
とにかく画面が来ませんでしたから・・・、
2位争いの画面を見ながら琢磨とフィジケラの差が
2秒になったり
1秒になったり、、、と情報だけが伝わり
画面で確認できないからヒヤヒヤもんでした。。
それでも琢磨がこのまま8位を守って
今シーズン初ポイント。。(ホッ)

そしてライコネンがこのまま勝って
一方、アロンソはノーポイント。
これでまだ多少タイトル争いの興味はつながったかな。。

さてこれでしばらくF1は夏休みです(笑)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/08/02(火) 20:21 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。